検索

DSPS (11/21 new album release) message for JAPAN TOUR


DSPSのアルバムリリース&日本ツアー開催にあたり、アルバムについて色々伺いました。ぜひアルバムをチェックしてライブに遊びに来てください!

隨著DSPS即將展開日本的專輯發行以及巡迴演出,這次邀請了他們談談關於這張專輯。請大家一定要check他們的專輯,還有live喔!

<大浪漫網站專訪 / BIG ROMANTIC INTERVIEW>

・今回のアルバムタイトル「時間の産物」にはどんな意味が込められていますか? ・這次首張專輯標題「時間的產物」,有蘊含著什麼樣的意義嗎?

photo by brownie 2.0 photography

レンウェン(稔文 vo):

時間というものはとても抽象的で神秘的で、そしてとても空間を感じる言葉です。

このアルバムは約5年間続けた創作の集大成なので、曲風は多岐に渡っていて、時間の概念はそれぞれ違う使われ方によって曲の中で表現されています。それは年単位であったり季節であったり、はたまた1曲の歌だったり1枚のアルバムだったり様々です。

私たちは時間の中で、まるで無限の運命の点と線と面が入り乱れるような洪水の中にいて、一体何が私たちをここまで連れてきたのか、これから何を持つべきなのか、何を残すべきなのか。もしかしたら時間というものはただの幻覚なのかもしれないし、私たち自身のことなのかもしれません。

「時間の産物」とは、私たちがこのように時間と相対することの意義と、それによって生まれるあらゆる全ての事を指しているのです。

稔文:

時間是一個很抽象、神秘、很有空間感的詞,這張專輯集結了大約五年間累積的創作,有各種不同的歌的樣子和型態,時間的概念被用不同的方式去呈現,也許它是單位或季節,也可以是一首歌或是一張專輯。

我們在時間裡面無限個點線面拼湊起來的洪流之中,是什麼讓我們來到此地、我們將帶著什麼走、留下什麼,也許時間只是個幻覺,也許時間就是我們本身。「時間的產物」探討的是對時間的意義以及因它所發生的一切事物。

・アルバムの歌詞の中に季節に関する言葉が多く出て来ますが、これは台湾の季節のことでしょうか?それとも日本?

・歌詞裡面出現很多季節的。都是台灣的季節嗎?

レンウェン(稔文 vo): 鋭い質問ですね!歌詞で歌っているのは、ほとんどが台湾季節のことですが、最後の夢YUME は日本の冬のことを歌っています。なのでこの曲の英語名は日本語の夢の発音であるYUME にしているのです。

稔文:

好精闢的問題,大部分是台灣的,最後一首「夢YUME」有提到日本的冬天,也是為什麼英文取名日文發音的原因。

・PVは冬の日本で撮影しています。冬の日本はどうでしたか?台湾の冬とは違いますか? ・MV冬天在日本拍的。對日本的冬天有怎麼感覺?台灣的冬天是怎樣?

冬天再去見你 / 冬がきたら会いに行こう MV

レンウェン(稔文 vo): 「冬がきたら会いに行こう」のPVを撮影した時に日本の日光に行きました。これまでの人生でこんなに沢山の雪を見た事なかったし、本当に寒いという事がどんなことかもしらなかったんです。

零下10度の大雪の中、車が雪の中で動けなくなってしまって、たまたま現地のおじさんがチェーン付きタイヤの車で引っ張り上げてくれたので助かりました…

雪の中で長時間撮影したので、手足の先の感覚は無くなってましたが、撮影途中に小さい山小屋で食べた熱々のうどんとココア、そして撮影終了してから食べたパスタは、今でも忘れられないかつて味わった事のない幸せを感じました!(比べると台湾の冬は本当に平和なもので、湿度が高いのが鬱陶しいくらいです 笑) 稔文: 拍「冬天再去見你」的時候剛好去了日本的日光,一輩子沒看過這麼多雪的我們真的不知道什麼叫做冷,甚至還在零下十度的暴風雪中車子卡在雪堆內,遇到當地的大叔用鐵鍊綁住車子把我們拖出來才得救。

在雪裡長時間拍攝,末梢已經都沒什麼感覺了,不過想起在工作途中山上的小木屋吃一碗熱熱的烏龍麵和熱可可,還有終於殺青後的義大利麵,彷彿現在還能再一次感受那種從未感受過的幸福感呢~(相較來說台灣的冬天真的超peace的,只是濕度很高很煩而已 笑)

・アルバムの中で、メンバーが一番好きな曲、オススメの曲はどれですか? ・專輯中,成員每個人自己最喜歡,最推薦的歌曲是哪一首歌呢?為何推薦這首歌呢?

レンウェン(稔文 vo):

私が一番好きなのは、「日常になる」で、この曲は大体制作の後半になって完成したものなので、今の自分の気持ちに比較的近い感じです。

あと、面白いエピソードとしては、ギターのシューズ(徐子)とこの曲の背景について話しあっていないうちに、シューズは彼のインスピレーションでこの曲の後ろ半分の歌詞を書いてくれて、その歌詞を見たときにすごく驚きました。まるでこの曲を私の代わりに仕上げることが前から決まっていたのかの様に、彼は直感のみで完成させていました。私たちの意識は歌を通じて伝わっているんだ、と思わされる出来事でした。

あと、演奏してて爽快な感じなのも好きな理由の一つです。

稔文:

我最喜歡「成為日常」。這首歌算是在後期完成的,也和自己現在的意識比較接近一些,另外一個有趣的地方是,在沒有和徐子溝通這首歌的背景之下,徐子用他的感受幫我完成了後半段的歌詞,我看到歌詞的瞬間非常驚訝,很像幫我把這首歌要交代的事做了一個總結,他只是很直覺地完成,讓我感覺我們的意識透過歌在傳達著。另外這首歌演起來很爽也是喜歡的原因之一。

日常になる / 成為日常

シャオジー(小雞 dr):

私が一番好きなのは「Yume」この曲で、この曲に対して自分はなんとなく作曲者に近い様な感覚を持っていて、もちろんボーカルのレンウェンが言うところの、ボーカルが耳元で囁いている様だという事以外にも、ボーカルが歌う一文字一文字に心が揺れ動く様な感覚があります。

もしかしたら全体的にイメージがとても強いので、ある種の錯覚の様に、物語の主人公に自分がなったような気分になって、曲の進行が終わりに向かうにつれて感情がもつれて塊になって、聴き終わった時には、この曲に虐げられたような気分になります(笑)

小雞:

我最喜歡的是Yume這一首歌,這首歌我覺得有一種跟創作者很貼近的感覺,除了稔文說的聽這首歌就像是主唱在耳邊呢喃以外,還有一種連心情都隨著主唱唱出的每一個字句起伏的感覺,也可能是因為整首歌的畫面感非常強烈,所以有一種錯覺,正在經歷主角當下的心情,這樣的心情隨著歌曲行進到最末端而被糾結在一塊,聽完有種被這首歌凌虐了一番的感覺(笑)。

夢 YUME

シューズ(徐子 gt&vo):

「感情の海へ入りたい」「時間の產物」ですこの2曲はDSPSにとって新たな到達点だと思います。

曲風は前のEP「我會不會又睡到下午了」の中の3曲と全然違っていて、このアルバムでは男性のボーカルが加わったという事以外にも、エレキギターの要素が追加されていて、DSPSの音楽をよりロックに、オルタナティブにしていると思います。

徐子:

「我想進入感情的海洋」和「時間的產物」,這兩首歌對於DSPS來說是個極大的突破,曲式和第一張單曲「我會不會又睡到下午了」三首歌很不一樣,這張專輯除了加入男生主唱的聲音以外,電吉他的元素加進來,讓DSPS變得更搖滾、更另類。

我想進入感情的海洋 / 感情の海へ入りたい

DSPS「我會不會又睡到下午了 Sleep till Afternoon」 EP

・台湾でのリリース後、みんなの生活やバンドにどのような変化がありましたか? ・在台灣發行首張專輯後,覺得在生活或是樂團中有哪些變化呢?

レンウェン(稔文 vo):

アルバムリリースの前後はまるでゴールのない短距離競争のような感じで、バンドのチームはより細やかな協力や仕事の割り振りが求められて、この大いなる挑戦に興奮を抑えきれませんでした。リリースしたアルバムを持ってさらに多くの国と街にいって、表現の面でも、連日のツアーによって得られる多くの経験値と成長により、バンドも成長期に突入したと言えるのではないでしょうか?(実際はもうそんなに若くはないんですがw)

今までよりもっと広い範囲で、もっと先のことを考えるべき時が来ていて、そんな時こそ内でも外でも自分のバランスを安定させていなければならない、と最近は考えてます。

稔文:

發專輯的前後就像是一個沒有終點的衝刺型賽跑,而團隊面臨到的是需要更精密的合作和更細緻安排的工作,是一個讓人很興奮的挑戰。因為發專輯帶著新作品去了更多國家和城市,在表演上也因巡迴等不斷的累積實力與檢討改進有了一些成長,身為一個進入青春期的樂團(已經不再年輕),要思考的是更多層面更遠的事,自己也必須要穩定內在外在的平衡,是我最近的想法。

シューズ(徐子 gt&vo):

リリース後沢山のツアーに行って、毎回空港に着く度に、自分はなんでまた空港に来てるんだろう!という感覚を持つ事に自分自身驚いていました。毎回のツアーではやはりいろんな場面で課題に直面しますが、自分は生活のスタイルを切り替えるのが得意なので、ツアーで色んな困難を乗り越えたつもりでも、振り返ってみたら意外と近いところの道を同じ感じで歩いていたんだということに気づきました!

徐子:

發行專輯後跑了很多巡迴,每次到機場的時候都會驚覺自己怎麼又到機場了呀?雖然每個階段都面臨很多課題,剛好我是擅長轉換生活模式的人,過了不少關卡,回頭瞧瞧也會發現自己同樣走了不遠的路唷!

シャオジー(小雞 dr):

(アルバムリリースしてから)台湾以外の色んな国からも注目されるようになったと思います。海外ライブをいくつかやってみて改めて、言語はとても大事だなと思いましたが、未だに日本語と英語を全く勉強できてません。。あと、アルバムがでてからもずっとライブの出音についてバンドで研究していて、今後も引き続き様々なトライをして向上させていくつもりです。

小雞:

感覺受到蠻多台灣以外的國家注目,也做了一些海外的演出,感受到語言的重要,但一直還沒練習日文跟英文QQ;另外新專輯發行後我們也一直在思考現場演出聲音上的呈現,將來應該會持續嚐試聲音上的各種可能。

・今年日本のバンドhomecomingsと一緒に台湾、日本ツアーを回っていかがでしたか? ・前不久也與homecomings一同在台灣、日本一同巡迴共演,覺得如何呢?

レンウェン(稔文 vo):

とっても楽しかった!卒業旅行みたいな感じで一緒に色んな街に行って、一緒にご飯を食べて、話す言葉は違うけどみんな頑張ってコミ

ュニケーションを取ろうとしてるのがなんだか可愛らしく、とても大切な時間でした。

私たちは一冊のZINEを作ったんですが、内容はツアーで撮った写真と日記で、お互いの角度からツアーで起きた出来事が観れるのはとても興味深かったです。バンド人生の中でこんな友人に出会えて、こんな時間を過ごせるというのは一生の宝物です。

稔文:

超~好玩的!好像畢業旅行一樣的一起去了很多城市、一起吃了很多飯,雖然語言不同但大家努力溝通的樣子真的很可愛,也顯得格外珍貴。我們一起出了一本Zine,裡面有我們拍的照片和巡迴的日記,從兩邊的角度看著同樣發生的幾天是很有趣的事情。組團的人生之中可以遇到這樣的好朋友,一起度過了這樣的時間真的是一生的寶物。

シューズ(徐子 gt&vo):

Homecomingsは自分にとってイヤフォンの中からそのまま飛び出してきたようなバンドで、今もプライベートでお互いの近況を語ったりしますが、最初はアルバイトしていたカフェでいつも彼らの曲を流したていた時代から、台湾で共演する機会を得て、彼らからremixをお願いされたり、ついには台湾と日本の両方でツアーをして、お互い行き来しているなんて、すごくロマンのあることだと思います!

台湾と日本のパラレルワールドにいる2組のバンドが、こんな形で出会えて言葉は通じないけどお互い努力をしてお互い好きでいられるというのは、なかなかない事でしょう。

徐子:

Homecomings對我來說像耳機走出來的人,現在私底下也常常分享彼此最近在籌備什麼,起初在打工的咖啡店經常播他們的歌,直到有機會在台灣一起演出、他們邀請我們remix他們的音樂、在台灣日本辦了兩場巡迴,我們飛過去、他們飛過來,覺得很浪漫!台日之間平行時空下的兩個樂團,很難得可以遇到這樣雖然語言不通但是一起努力、互相喜歡的好夥伴。

DSPS with Homecomings - Lucky(Supercar cover)

シャオジー(小雞 dr):

日本のバンドと一緒に日本と台湾ツアーを回るのは人生で初めての事でしたが、お互い知り合ってまだ1年くらいでも濃密な時間を過ごして、興奮と緊張もありましたが、一緒に生活して一緒にライブをして、色んなことを共有していくにつれて、心が一つになったように思います。あのツアーの笑顔に溢れた記憶をたどれば、言葉は少し不自由でも、気持ちは十分に伝わっていたんだと信じています。

小雞:

和日本樂團一起在台灣、日本巡迴共演這樣的經驗是人生第一次,雖然在一年前就因為共演而結識,但是兩團要在短時間內密集相處,在一開始是既興奮又緊張,隨著巡迴展開,大家一起生活一起演出,聊著無足輕重的小事,開開玩笑,一起享受美食,分享彼此的心得、心情,隨著時間推移,大家的心也融合在一起,發生了很多好玩的事情,也因此變成了會互相關心對方的好友。能夠共同擁有那段巡迴的記憶,還有見到彼此而展開的笑顏,就算語言不是很通,但我相信我們都知道彼此的心意。

・それでは最後に、日本のファンに向けてメッセージをお願いします ・最後,請向日本歌迷說些話吧~

レンウェン(稔文 vo):

日本でリリースがあると考える度に、とても緊張しますが嬉しいです。私たちが命を削って作り上げたニューアルバム、皆さんに気に入ってもらえたら嬉しいです。沢山の人に知ってもらって好きになってもらえたら最高です。ツアーも皆さん宜しくお願いします!

稔文:

想到要在日本發片既緊張又開心,希望你們會喜歡我們拼了命做出來的新專輯,也希望能有更多人為此認識我們、喜歡我們,我們日本巡迴也要請大家多多指教了!

シューズ(徐子 gt&vo):

私は、もんじゃ焼き、寿司、ラーメン、刺身、そして生ビールを愛しています。宜しくお願いします!

徐子:

我愛吃文字燒,壽司拉麵生魚片,還有生啤,請多多指教! シャオジー(小雞 dr):

もし自分たちが好きでやってることが、日本の皆さんにも気に入ってもらえたら、もう最高です。言葉は通じなくてもDSPSの音楽を通じて皆さんと交流できたらと思います!

小雞:如果我們做著喜歡的事情,能夠被在日本的大家喜歡的話,那就太棒了,雖然語言不通,但希望能透過DSPS的音樂來跟大家交流!

アルバム購入 →→→

BIG ROMANTIC WEB SHOP

info: 12/9 「Helsinki Lambda Clubリリースパーティー"物見遊山"」 東京 青山月見ル君想フ 出演:Helsinki Lambda Club / DSPS

ticket : https://181209.peatix.com/

12/10 「DSPS『時間の産物』リリースパーティー」 東京 下北沢440 出演:DSPS / taiko super kicks / 菅原慎一BAND

ticket : https://bigromanticdsps.peatix.com/

12/13「December 13th #3」 大阪 Live House Pangea 出演:Newdums / sunday morning bell / Susan Hendrix

WEB : http://livepangea.com/?page_id=14

#DSPS #HelsinkiLambdaClub #taikosuperkicks #菅原慎一BAND

© 2016 by BIG ROMANTIC RECORDS    contact : info@bigromanticrecords.com