検索

混沌としたこの時代に、活力と安寧をもたらす / 為紛亂不安的現今,注入一絲明朗氣息:專訪interview Hanging Up The Moon 核心人物——「Sean Lam」

新たな感染症の流行、社会を不安と危機感が覆い尽くされそうとしている中、Hanging Up The Moonが明るいムードを届けてくれた。新作の「FOR THE TIME BEING」は2019年に行われた日本台湾ツアーを経て生まれた、聴き心地の良い軽快な曲で、旅がもたらす高揚感と疾走感が躍動しており、混沌とした今この時代に活力と安寧をもたらしてくれるのである


この度リリースに際して、Hanging Up The Moonの中心人物である「Sean Lam」に、昨年のツアーでの経験が彼にもたらしたものは何だったのかを語ってもらった。今は旅をすることは叶わないが、音楽によって、彼の観てきた美しい景色を味わうことができるだろう。



儘管受到疫情爆發的影響,社會充斥著不安和動盪,來自新加坡的 Hanging Up The Moon 仍為樂迷帶來了一絲明朗的氣息。新作「FOR THE TIME BEING」靈感來自於 2019 年台日巡迴的經歷,乍聽輕鬆寫意的夏日曲調中,集結了旅行的疾走感和雀躍心境,也正是為如此紛亂的現今注入了滿滿能量和安慰。


趁著新作發行之際,本篇邀請到 Hanging Up The Moon 核心人物「Sean Lam」為我們引路,聊聊那一場短暫的海外巡迴為他帶來的深刻影響。雖無法出遠門,但仍可以透過音樂,飽覽他眼中的沿途美景。


Hanging Up The Moon 核心人物「Sean Lam



Hanging Up The Moonはシンガポールのインディ創成期のバンド「Concave Scream」のギターボーカルとして知られていた「Sean Lam」の個人プロジェクトとしてスタート。ファーストアルバムは、バンド名を冠したセルフタイトルアルバムとなり、そのシンプルかつ細やかな作品は評論家や音楽ファンの間で話題となる。


Hanging Up The Moon 最初是由新加波 indie 圈元老級樂團「Concave Scream」成員「Sean Lam」(vo,gt)為首的個人 project。首張專輯與樂團同名發行,簡單卻細緻的作品在樂評家及樂迷之間蔚為話題。


以降の作品においては、Alexius Cai (Piblokto)、Dean Aziz (Concave Scream)、Leslie Low (The Observatory) や Victor Low (Affixen) 等シンガポールのアンダーグラウンドで活躍するミュージシャンやシンガポールの伝統音楽の影響を受けながら独自の音を紡いでいくこととなる。


此後的作品,則受到 Alexius Cai (Piblokto)、Dean Aziz (Concave Scream)、Leslie Low (The Observatory) 、Victor Low (Affixen) 等活躍於新加波獨立圈的音樂人影響,以及傳統音樂的啟發,遂自創作出獨有的樂音。







EPのジャケットはseanの手によるものですが、どのようなコンセプトがありましたか?


ジャケットのイラストは、シンガポールの東部にあった「Big Splash」という古いウォーターパークで、私が子供のころよく通った場所で、当時は子供用のスライダーでばかり遊んでいて、大人用のスライダーをやる勇気は最後までなかったです。悲しいかな、私が育ってきた多くの場所と同じようにこのテーマパークもすでにありません。シンガポールは小さな国ですから、移り変わりも早いのです。この絵をアルバムアートにしようと思ったのは、この場所が古き良き時代への愛しみを象徴するようなイメージにぴったりだからです。



・專輯封面插畫是由 Sean 親手繪製的,請問這次的設計理念是什麼呢?


封面畫的是位於新加坡東部的一座舊水上樂園「Big Splash」,是我小時候很常去的地方。但當時總是玩兒童專用設施,到最後還是沒有勇氣從那座大人用的水道滑下來。總覺得很可惜啊,那些成長記憶中的地方,都已經沒有這樣的樂園了。因為新加坡是個很小的國家,移轉和變遷都相對快速。而之所以會想將這幅畫當作封面,是覺得它能夠象徵我對過去那段美好時光的愛吧。

・What was the concept of the cover design of EP, which you made?


The cover art is an illustration of an old water theme park in the eastern part of Singapore called ‘Big Splash’. I used to frequent it when I was a child and while I spent many hours at the children’s slide, I never really had the courage to go down the big adult slides. Sadly, like many other places I grew up with, this theme park is no longer around today. Singapore is a small country and nothing feels very permanent. I thought of using this image as the album art because it is a good imagery to represent the longing for good times that have come to pass.



「The Big Splash」於1977年成立,為新加玻第一座水上樂園

(圖片來源:https://www.roots.sg/learn/collections/listing/1109395


今回のEPの制作は昨年のツアーの経験を経て製作されたとのことですが、 ツアーで具体的にどのようなことを感じましたか?


はい、その通りです。これらの曲は私たちが台湾と日本の短いツアーから帰ってから書かれたものです。そのツアーは私たちにとってとても素晴らしい体験となり、BIG ROMANTICの皆さんとイチローさんがサポートしてくれました。このツアーに出るまでは国内の音楽フェスティバルには多数出演していたものの、国外でのパフォーマンスはマレーシアとハノイ(ベトナム)での2回のみでした。私たちの曲を台湾と日本の新しいオーディエンスの皆さんの前でプレイ出来ることは私たちにとってかけがえのない事でした。ツアーでは素晴らしい時間を過ごせましたし、オーディエンスの皆さんの反応に本当に勇気付けられました。このツアーで林以樂と古川麦、Sawaというミュージシャンにも出会うことでき、心地よくリラックスした気持ちにさせてくれました。音楽に国境はなく、人々を繋げる事ができるのです。このツアーは私たちにそのことを感じさせてくれたと思います。



・據說這張專輯是因為 2019 年的巡迴經驗而誕生的作品,能和我們聊聊你在巡演途中經歷了哪些特別的感受嗎?


沒錯,正如你所說,這些曲子是在短暫的台日巡演結束後所寫的。那次巡演於我而言,真的是非常非常棒的一次體驗,也受到了 BIG ROMANTIC 工作人員們以及一郎先生的幫助。在那次旅程以前,我們大多在國內音樂祭表演,海外演出的經驗也僅有馬來西亞和河內(越南)兩次而已。因此能夠在台灣和日本的新觀眾面前演出我們的歌曲,真的是一件無可取代的體驗。除了很享受巡演的過程之外,觀眾們的回應也著實給了我們很大的勇氣。也因緣際會認識了林以樂、古川麦和 Sawa 等音樂人,一起度過了非常放鬆舒服的時間。也讓我感受到,在音樂裡能夠跨越國境,將人與人之間聯繫在一起。

・I've heard this EP project was started through the experience of the tour in 2019.Please let me know specifically what you feel in the tour.

Ah yes, it is true, The songs were written upon our return from our mini tour of Taiwan and Japan. The tour was a wonderful experience for us and we are grateful to Big/Moon Romantic and Ichiro-san for helping us organize it! Prior to this, while we have performed at numerous local music festivals, we’ve only performed out of country twice, in Malaysia and Hanoi, Vietnam. So to be able to play our songs live in front of a new audience in Taiwan and Japan was a really big deal to us. We had a good time during the tour and felt really encouraged by the response from the audience. The tour also connected us fellow musicians Ben Ben and Baku-san who made us feel really comfortable and at home. Music is universal and connects people. I felt that the tour demonstrated that to all of us:)


Hanging Up The Moon TAIWAN&JAPAN TOUR 2019

FOR THE TIME BEINGでの林以樂との作業はどのように行いましたか?


私たちは別々の国にいますが、ソーシャルメディアでお互いコミュニケーションをとることができました。インターネットでファイルを交換しつつ、プロセスはとても簡単、簡潔なものでした。歌詞とデモ段階の曲ができたら彼女にシェアをして、彼女のパートを加えてもらいました。私たちは彼女とコラボレーションできてとても光栄です。曲の仕上がりも彼女のボーカルがあることによってとても素晴らしいものになりました。彼女の声によって、曲に純粋さと不思議な魅力のフィーリングがもたらされました。



能和我們分享與林以樂合作「FOR THE TIME BEING」的過程嗎?


由於我們各自身在不同的國家,因此大多透過社群媒體進行溝通、交換彼此想法,再藉著網路交換檔案,過程也非常簡潔。在完成歌詞和 demo 曲後傳給她聽,再由她加上自己的橋段。這次有機會能夠合作,我們真的感到非常榮幸,最後在歌曲中配上她的和聲,一起完成了很棒的作品呢。透過她的聲音,似乎也賦予了曲子一種不可思議的魅力和感受。


・How did you work with Lin Yiloh on FOR THE TIME BEING?


Although we reside in different countries, we were able to work together by communicating with each other over social media. We also shared files over the internet so the process was very simple and straightforward:) We shared with her the lyrics and the draft version of the song when it was ready. Then we waited for her to add her parts. We are so happy and honored to have collaborated with her. The song sounds especially wonderful with her vocals. There’s something about her voice that brings about a feeling of innocence and wonder.



Hanging Up The Moon - For The Time Being (Featuring Lin Yiloh 林以樂)

なかなか先が見通せない状況ですが、これからの予定や目標を教えてください


そうですね、私たちはとても特殊な時期を過ごしているようです。EPを制作している時には、リリースに合わせたツアーを計画していて、再び海外公演も計画していたのです。ただ、今となっては実現は難しく、ライブができるようになるまでもう少し時間が必要でしょう。それでも生活をしていかねばですが…ミュージシャンとしては曲を作ったり、次回作のアルバムのプランを練ったりしています。このEPのリリースも非常に楽しみでしたし、今誰もが家に居なければいけないこの状況でも、できる限りのプロモーションをやるつもりです。もしかしたら、カジュアルな感じで配信ライブやライブレコーディングなどをやるかも知れません。

・雖然仍處於未知紛亂的現在,能否告訴我們你未來的計畫以及目標呢?


我們的確正處於一個特別的時期呢。在製作 EP 的過程中,也配合發行計畫,安排了幾場巡演和海外演出,雖然現在變得難以實現,而且要恢復到能安心演出的日子還需要一些時間吧,不過生活還是得繼續前進……。作為音樂人的角色,現在正努力的寫歌、發想下一張專輯的概念等等。對於這張作品的發行真的期待了好久,就算變成這樣門不出戶的情況,也希望能盡可能地讓大家聽到。說不定之後會做一些輕鬆的直播或是現場錄音也說不定呢。


・It is difficult to see the future now, but please tell me your plan and purpose in the future.


Yes. We are all going through a very strange time. When we were working on the EP, we had plans to follow up with a release tour and was really looking forward to play overseas again. But we know now that this is not possible and it may be some time before we can perform again. That said, life goes on.. and as musicians, we will still be writing songs and planning for future albums. We also look forward to this EP release and will try our best to promote it virtually in a time when everyone is still confined to their homes. Who knows, maybe we can plan for a casual live stream or recorded show.

Hanging Up The Moon 2019台日巡迴東京站 - 青山月見ル君想フ


ファンに一言お願いします


私たちの曲を聴いてくれて、そして応援してくれてありがとうございます!私たちの音楽が言葉の壁を超えて、曲が何からの方法であなたの元へ届くことを祈っています。くれぐれも健康にお気をつけてお過ごしください。このパンデミックが終わった時に、あなたの近くの街で演奏できたら良いなと思っています。それまでどうかお気をつけて


・給樂迷們的一段話


謝謝大家喜歡我們的音樂、給予我們支持!希望我們的音樂能過超越語言隔閡、以各種形式傳遞到你們的面前。請大家保持健康,希望在疫情結束之後,我們能再度回到各位的城市演出,在那之前請好好保重身體!


・Please give me some message for the fans?


Thank you for your support and for listening to our songs! I hope our music transcends all language barriers and that the songs will connect with you in some ways. Please stay safe and well. Hopefully when this pandemic is over, we can perform in a city near you. Take care and much love.





《Release Info》



Artist:HANGING UP THE MOON

Title:FOR THE TIME BEING

収録曲:

A面

1.HOLD THE COLOURS

2.ROSE TINTED

B面

3.SUNRISE TO SUNSET

4.FOR THE TIME BEING (Featuring 林以樂Lin Yiloh)

品番:BRRCD-046

価格:1800yen(税別)

発売日:2020年5月27日



© 2016 by BIG ROMANTIC RECORDS    contact : info@bigromanticrecords.com