インタビュー:パンデミック下のライブ事情 / 訪談:疫情下的現場演出二三事。vol.2

お待たせいたしました。コロナ禍を生きる音楽業界人インタビュー、vol.2となります。

(第一弾はこちらの記事 vol.1


久等了! 新冠肺炎疫情下生存的音樂業界人士專訪,第二彈!



日本でもフェス好きの間でよく知られている台湾のロックフェス<大港開唱メガポートフェスティバル>の制作メンバーであるメイさんに伺いました。


這次邀請到的是,在日本音樂祭愛好者之間也廣為人知的台灣音樂祭—— <大港開唱>的團隊成員孟軒。



孟軒 May (TAIWAN)


子皿有限公司(utero)チーム、一番左がメイさん



・自己紹介をお願いします。

・請向讀者自我介紹 



皆さんこんにちは。私はメイです。台湾で音楽PRの仕事をしています。


大家好,我是孟軒(May),是台灣的音樂企宣工作者。




・普段はどの様な仕事をされていますか?

・平常從事什麼樣的工作呢?




私は2017年に友人と子皿有限公司(utero)を立ち上げました。この会社の業務は音楽のPR,マネージメントやリリース、イベント制作などです。


我在2017年與好友共同創辦了子皿有限公司,公司業務有音樂企劃宣傳、音樂經紀與發行、活動策劃等等。




子皿有限公司(utero)事務所 ・



・今年のメガポートではどの様な仕事をしましたか? ・在今年「大港開唱」團隊中擔任什麼角色?





私は今年のメガポートではPR部門のマネージャーを担当しました。


我是今年大港開唱的宣傳統籌



・フェスの準備において、今年特に大変だったことはなんでしょうか?

・從前期籌辦到活動過程中,今年有特別遭遇什麼困難嗎? 



今年一番苦労した点は、コロナ禍での再始動だったこと、(昨年は開催せず)、海外のラインナップを招聘できないだけでなく、コロナによる制限があり非常に多くの対応措置を取らねばならないことです、入場を実名制にしたり、室内ステージの入場者の実名を登録したり、飲食スペースを区切ったり、などです。今年はコロナの対応により多くのコストが増えていました。さらにはコロナにより会場スペースとのやりとりやコミュニケーションに多大なコストと時間が必要となり、これの影響で今年のフェスの準備は時間に追われることとなり、イレギュラーに発生する問題も多かったです。


今年最大的困難應該就是在疫情下重啟,不但不能夠邀請海外lineup了,也因為疫情限制需要想許多配套措施,包含入場實名制、室內舞台的實名登記、現場需要規劃飲食區...等等。今年也增加了許多因疫情而生的成本。再來就是,因為疫情以及場地協調的關係,增加了許多溝通成本以及時間,讓今年的籌備變得比較趕、也比較多額外的事情需要處理。




・いつもだといつくらいから準備を始めるのでしょうか?

・你們通常什麼時候開始準備音樂節?


いつもは半年から10ヶ月前くらいから準備を始めていますが、どのチームかにもよりますね。

事務管理チームとブッキングチームは先に動き出して、会場とチケットに関する業務を進めます。


通常半年到10個月前就會開始了,看是哪一組,行政組跟節目組會最先動、涉及到場地跟票務・


・なるほどです。今年はチケット販売開始して割とすぐに売り切れていた様ですが、今年のチケット販売数は抑えたのでしょうか?

・今年也很快就完售了呢,有因為疫情刻意控制票券的數量嗎?


実際のチケット販売数は大体2万枚ほどで、実は前回の2019年度より多いのですが、今年は新たに2番目に大きいステージを設置して屋外のメインステージが2つになりました、ただやはりコロナの影響で、増えたキャパシティに対してはチケットは少なめに販売しました。


其實這次售票情況比上次2019年的還要來得多,大概有兩萬張左右。而今年有開設新的第二大舞台,等於是在戶外設置了兩個主舞台。雖然數字上看起來較多,但由於疫情影響,我們還是有刻意控管人數。



PHOTO:大港開唱 Megaport Fest 提供



・今年はメガポートが復活した年となりましたが、コロナ禍での初開催でもありました。フェスとして取り組んだコロナ対策はありますか?

・今年是大港開唱重新回歸的一年,也是疫情後首次舉辦,團隊做了哪些因應對策?



本当に沢山ありすぎました!来場者向けにアナウンスしたものだけでもこれだけあります:

1、入場時連絡先の登録必須、登録でメガポートデザインのマスクをプレゼント

2、会場内は全てマスク着用必須。スタッフを増員して手持ち看板で周知

3、会場内に体温測定器の増設並びに両手の消毒を行うスタッフを配備

4、会場は飲食可能区域を除く全域で水分補給以外の飲食を禁止

5、喫煙所を設置し、喫煙所以外は全面禁煙

6、室内、室外ステージ両方の観客導線管理

そして室内の3ステージにおける入場時のメガポートのオフィシャルLINEアプリを用いての入場登録、さらには室内ステージはステージごとの完全入れ替え入場制とするなど、様々な防疫上の施策がありました。

真的是超多的!擷取公告部分文字如下:


1. 入場需填寫實聯制,填寫完成會贈送大港口罩

2. 會場內規定全程配戴口罩,增加工讀人力舉牌宣導

3. 會場內增設體溫測量機制並加派人力協助大家消毒雙手,體溫過高的觀眾將禁止入場

4. 會場除飲食區及補充水分外,其餘場域空間全面禁止飲食。

5. 會場設有吸菸區,除吸菸區外禁止吸煙

6. 室內/室外舞台進行人流管制,室內舞台(海龍王、藍寶石、卡魔麥)觀眾須於入場時使用大港官方LINE進行「入場登記」,且室內舞台將於每場演出結束後進行清場,確認清場完畢後即開放下一場觀眾入場





マスク着用必須のお知らせプラカード

PHOTO:大港開唱 Megaport Fest 提供



・このコロナ禍において、台湾全体でのライブイベントはどの様な状況ですか?

・在疫情狀況之下,台灣演出活動的整體現況是如何? 


やはり台湾の防疫体制、従事者に深く感謝をしています。このコロナ禍において台湾にかなり安全な環境をもたらしてくれましたので。2020年の前半は厳戒態勢でほとんどのコンサートがキャンセルになりましたが、2020年5月から台湾での感染者が出なくなってから253日間、12月の年末に台湾で再び1名の国内感染者が出るまでのこの7ヶ月間、台湾の音楽活動はかなり自由に展開できたと言えるでしょう。ただし、台湾のコロナ対策本部(國家衛生指揮中心(National Health Command Center, NHCC) )の各種政策に従った形です。例えば全面マスク着用や防疫ディスタンスの確保、などです。


其實真的很感謝台灣的防疫人員,讓台灣在疫情期間還是一個相對安全的環境。雖然2020年上半年大家全員皆兵,所有演出幾乎是取消狀態,2020年5月開始疫情在台灣逐漸趨緩,相隔253天,在年底的12月台灣才再度傳出一個本土案例,也讓這段期間台灣的音樂活動可以相對較自由地展開,不過仍須配合台灣指揮中心的各項政策,例如全程配戴口罩、保持防疫距離等等。



・この一年で台湾の音楽業界にどの様な変化があったと思いますか?

・你認為這一年中台灣音樂業界有什麼變化?


2020年の前半、6月より前は多くのイベントが中止になりました。多くの業界人は作品制作や配信イベント、配信ライブなどのオンライン関連は進歩しました。音楽ライブの形式も十分に多様化し発展していき、オンラインライブのクオリティや提示の方法などが大きく変化しました。アーティストに対しての影響としては、海外に出れないので、ほとんどのアーティストが台湾に留まり、台湾のファンに向けた活動に専念しました。去年の後半は台湾の音楽業界は非常に盛り上がっていて、全体的にとても忙しい様子で、さらに非常に沢山の作品のリリースもありました。フェスやイベントで言うと、海外のバンドを招聘できないので、国内バンドのブッキングが多様化し細やかになりました。例えばメガポートですと、今年は完全に台湾バンドだけの出演でしたし、今回アーティストのコラボでの出演は史上最多となりました。

2020上半年(6月)之前許多活動被取消無法舉辦,業內許多人也開始往認真製作作品、直播活動、直播演出各項線上活動發展,也讓音樂演出的形式往十分多元的路線發展,線上演出的品質以及呈現方式也有很大的轉變,影響藝人本身的話,因為無法出國,許多藝人留在台灣專心經營台灣樂迷群眾,導致去年下半年其實音樂圈非常熱絡、也非常忙,甚至有許多作品推出。音樂祭或是活動的話,也因為無法邀請國外團,在國內團的策展面也變得更多元更用心,例如大港開唱今年的策展就是完全僅邀請台灣團,也讓這屆feat的組數來到史上最多。


今年の閃靈CHTHONIC ft. 唐鳳(オードリータン) 台湾を代表するメタルバンドと天才デジタル担当大臣のコラボ

PHOTO:大港開唱 Megaport Fest 提供


・アーティスト同士のコラボによる出演は最近台湾のフェスでもよく見られる光景ですが、メガポートも毎年意外なアーティストのコラボが話題となります。このコラボはどの様にして成立させるのでしょうか?あと今まで印象的なコラボがあれば教えてください。

・近年不同藝人在台灣音樂節上合作,登台演出已不是新鮮事,而每年的大港開唱卻能以出人意料的組合引來話題,能和我們談談這些組合是如何促成的嗎?到目前為止印象最深刻的合作又是哪一次呢?

私はフェスティバルはそのフェスならではの一貫したテーマがとても大事だと思っていまして、メガポートは2015年の時に、企画制作のコアメンバーで討論をしてフェスのテーマを「人生の音楽祭」と決めてから「人生の物語」を持つアーティストをオファーする方向で動いてきました、それで多くの面白い組み合わせが生まれたのです。


其實我覺得一個音樂祭的「定調」很重要,大港開唱在2015年的時候,經過主策展核心團隊的討論,將音樂祭的主題定調為「人生的音樂祭」,當年的策展方向就朝有「人生故事」的藝人去尋找,才促成這麼多有趣的組合。