愛的目光交換!—— 稔文和嫺靜的「大浪漫主義」遊記(上篇)/愛のまなざしーー曾稔文(エイミー)と陳嫺靜(チェンシエンジン)の「大浪漫主義」手記(上編)


今年六月,「大浪漫主義 BIGROMANTICISM 」以全新形式推出共三集的系列節目,分別從過去、現在及未來不同的時間軸出發 —— 由 DSPS 的稔文擔任主持,邀來好友同時也是饒舌歌手的陳嫺靜一起在台北周邊散步;而首先曝光的第一集「在途中」將場景選在移動中的公車上,如同兩人的創作旅程不斷前往下一個目的地,途中還有好多新鮮事正在發生。


我們也特別邀來稔文以第一視角撰寫拍攝後記,平時習慣以文字和樂迷分享感受的她,這回除了和大家聊聊節目誕生的起點,以及和嫺靜相識的過程之外,也能透過兩人私底下互相拍攝的影像,看見她們最自然放鬆、充滿愛的視角的一面。



今年の6月「大浪漫主義 BIGROMANTICISM 」が新企画として、過去現在未来をテーマにした全3篇の映像作品となりました。DSPSのエイミーをホストMCに、近年注目を集めるラッパーの陳嫺靜(チェンシエンジン)を迎えて台北各地を巡ります。第一部「途中にて」のロケーションは路線バス。絶え間ない日々の移動の中でも2人の創作の旅路は続いていくのですが、果たして路線バスの中でどんなトークが繰り広げられるでしょうか・・


今回エイミーに撮影時のエピソードや今企画のアイデアを彼女の視点から語ってもらいました。台湾のクリエイターの創作と日常はどのように結びついているのか、それではお楽しみください。





Host|曾稔文 Ami Tseng


DSPS 主唱,同時也以 DJ crew「TEMPO POPO」成員名義出演各式 DJ 活動。2014 年開始創作後,除了樂團表現十分活躍之外,與日本交流甚廣的她,也曾以個人名義參與古川麦、EVISBEATS 等音樂人作品。


通称「エイミー」。インディポップバンド「DSPS」のボーカル。台北を中心に活動するDJクルーの「TEMPO POPO」 のメンバーでもある。2014年頃創作を開始し、DSPSとして活動を続ける傍ら、個人名義でのライブや各種サウンドデザインも行う。日本のアーティストとの親交も深く、ソロでは古川麦、EVISBEATS、等の作品に参加をしている。



Guest|陳嫺靜(チェン・シエンジン)


2018 年在台灣音樂圈中展露頭角,以充滿特色的聲音與風格活躍在台灣各大音樂祭。2019 年曾受鄭宜農之邀合作,隨後也與 deca joins 等音樂人發表共同創作,更受邀擔任日本樂團 toe 台北場嘉賓。除了是金曲歌王 LEO 王盛讚的新星之外,也是備受注目的新世代饒舌歌手。


2018年ごろから台湾のインディシーンで頭角を現し、2019年には台湾の著名なラッパーLeo王に「これからは陳嫺靜の時代だ!」と言わしめる。その後もdeca joinsなどの人気アーティストとのコラボや、toeの台北ライブにゲストボーカルとして招かれるなど常に注目を集める話題の新世代ラッパー。


 



大家好,我是稔文。

本篇文章會由我的視角側寫「大浪漫主義」這個節目,以及本集主角 aka 我的好友「陳嫺靜」。


節目名稱是來自大浪漫唱片發行的同名刊物「大浪漫主義」,希望能透過創作者的介紹,進一步瞭解歌曲的不同面向和角度,就像蛋糕的「整模外觀」和「切面」的關係一般,在直探創作的核心之後,也許能在這些作品中發現新的樣貌。



皆さんこんにちは、エイミーです。

この文章は私の視点から「大浪漫主義」の作品とその主役であり、私の親友でもある「陳嫺靜」について書きます。


作品はBIG ROMANTIC RECORDSが発行していたフリーペーパー「大浪漫主義」を発展させたもので、もともとそれは、クリエイターにより深く密着することで、作品の背景をいくつかの角度から紹介していく、というものでした。それはホールケーキのかたどられた綺麗な見た目とカットされた断面の関係性のようなもので、創作の源を探っていくことで、作品の新たな一面に出会えるかもしれません。




「另一雙看見台北、回望生活的眼睛」—— 節目誕生的起點



一直以來,大浪漫唱片像是台灣和日本、甚至亞洲各地喜歡音樂的人中間的橋樑,我也因為和大浪漫的長期合作,結交了許多很棒的藝術家、音樂家朋友。這件事對我來說影響滿大的,主要是多了一個他們的視點看回自己的生活,看見很多原本認為不足為奇的日常,環境中發生的事突然都生動有趣了起來,也變得更喜歡台灣、台北、自己的生活和音樂場域發生的事。



これまでずっとBIG ROMANTIC RECORDSは台湾と日本、そしてアジア各地の音楽ファンの架け橋となっていて、私は彼らと長いこと一緒にやっているので、沢山の素晴らしいアーティストやミュージシャンの友人ができました。これは私にとってとても影響が大きく、つまり彼らの視点でも自分の生活を見つめ直すと、あたりまえの日常や環境で起きる沢山の事が突然生き生きと面白く感じられて、台湾そして台北、自分の生活や音楽シーンで起こる事がどんどん好きになっていきました。



台北・西湖


「這張照片是從捷運西湖站往外拍的,

是我從大學開始練 DSPS 都會看到的台北風景。」

photo / 稔文




在開始玩團後進入這個圈子,認識了許多投緣的愛樂之友和創作者,有以前就熟知他們音樂的前輩們、一起發展的同輩夥伴、或是慢慢成長相互學習的後輩,大家都在我的人生扮演重要的角色。例如,常常一起相處的海豚刑警、厭世少年、胖虎、洪申豪、斑斑,認識後再去聽他們的歌(不管是新歌或舊歌)、或是看表演時,都變得相當 emo ,像一種長時間的累積和多角度的認識,進而讓音樂變得相當立體,於是慢慢對「作品和創作者之間的關聯」這件事有越來越深刻的察覺,產生對其探索的樂趣。


綜合以上的原因,成為了「大浪漫主義」節目想要傳達的東西:地域場域、生活、作品本身和創作者之間有什麼關聯?(就好像切開蛋糕後,才會知道裡面是芋泥布丁餡還是水果餡?)



バンドを始めてからこの音楽シーンに触れていって、沢山の気の合う音楽友達やクリエイターと出会いました。ずっと前からその音楽に触れていた先輩ミュージシャン、一緒に成長してきた同年代のミュージシャン、あるいはじっくり成長し学んでいっている後輩ミュージシャン、みんな私の人生の重要な登場人物です。例えば、よく一緒にいるイルカポリス、厭世少年Angry Youth、胖虎 punkhoo、洪申豪、斑斑(林以樂)らの人たち、本人と知り合ってから彼らの音楽を新曲でも古い歌でも聴くとかなり感情を揺さぶられます。


それはある種の時間の積み重ねや様々な角度の認識があるおかげで、その音楽をかなり立体的に感じることができるようでした。そしてだんだんと「作品とクリエイターの関連性」ということについての大事な気づきが増えていき、この点について考える事に興味が出てきました。



稔文和嫺靜、TEMPO POPO 成員們。

photo / 嫺靜




「她和音樂在一起的樣子,很好看也很自由」—— 和嫺靜相識



我跟嫺靜大概認識一年半左右,一開始因為好奇她平常都聽什麼歌,所以找她來我和朋友們一起主辦的 DJ 活動放歌,最初接觸的時間就真的都是一起聽了很多音樂、一起研究 DJ 的接歌。


剛開始練習時就發現她非常聰明、對節奏感的掌握也很好,按 cue 按得準又有自信,對於還有點不對勁的地方相當認真且有耐心地反覆操作到好為止。有一個晚上我們練到凌晨三四點吧?還是看到她一直說:「再接一首!」然後開心的樣子,就真的覺得她和音樂在一起的樣子很好看、很自由。



私と嫺靜は知り合って1年半くらいで、最初は彼女が普段どんな曲を聴いているのかが気になって、私が友人と主催するDJイベントに誘って参加してもらいました。なので出会ってすぐは一緒に沢山の音楽を聴いてDJで曲をどうつないでいくかを一緒に研究していました。


練習が始まってすぐに彼女はとても聡明で、リズムを掴むのがとても上手くて、cueを押すのもタイミングがバッチリで自信もあって、それから真面目に、ちょっと難しい箇所も粘り強く何度も練習してついにはできるようになってました。ある夜、私たちは夜中の3時4時まで練習してたと思うんですが、彼女はずっと「もう一曲やる」と言って嬉しそうな様子でした。彼女が音楽と一体になっている様子をみるのはとても面白いですし、とても自由な感じです。



稔文家的 DJ 集訓和放歌的嫺靜

photo / 稔文


稔文也不定期與 TEMPO POPO 的朋友們參演各式各樣的 DJ 演出。



結束了 DJ 活動之後,我們偶爾會在網路上聯繫。有一天晚上在跟她聊天,我就突然丟了一間宜蘭的餐廳問她有沒有興趣一起去,本來也沒想太多,後來講一講我們竟然決定隔天要去(當下已經快午夜),還發現有一班客運從她家出發、下一站是我家附近、再下一站竟然就是在宜蘭餐廳附近的站,怎麼會有這種專車啊?當時被燃起非常興奮和很有動能的狀態,真的很喜歡火象星座和火象星座碰在一起的節奏感,和發條隨時上緊的啟動狀態。



DJイベントが終わった後、私たちはたまにオンラインでやりとりをしていました。ある夜彼女とチャットをしていて、私は突然宜蘭料理のレストランの情報を送って一緒にいかない?って誘いました。あまり深く考えてなかったのですが、その後話して私たちは翌日行くことにしました(もうその時は夜も遅かったので)、それから一本のバスを見つけたのですが、それがなんと彼女の家の近くから出発して、次の駅が私の家の近くで、その次の駅が宜蘭料理のレストランの近くという、こんなのまるで私たちの専用車みたいじゃない?その時ものすごく興奮してエネルギーが満ち溢れてきて、このような火の星座の人同士が揃ったときのリズム感とか、いつでもアクセル踏み込むスタンバイできてる状態が本当に好きです。



嫺靜和稔文出遊




後來我們過了超級美味、行程放鬆又豐富、心裡滿足的一天,從那天之後我們就變成滿常一起吃飯的友,行程都像是這樣突如其來、很當下,然後結束一整天的時候都會覺得:哇塞今天怎麼完全沒安排又這麼完美啊?跟陳嫺靜在一起就會一直觸發「天時地利人和」的狀態。



それから私たちはグルメを満喫して、ゆったりと、でもいろいろ楽しんで過ごして、とても満足した1日でした。その日を境に私たちはよく一緒にご飯を食べる友人になって、行き先はこんな感じで思いつくままで、いつも1日が終わる時には「わぁ今日は無計画だけど素晴らしい1日だった」って思うんです。陳嫺靜と一緒にいると、触発されて全てが整った状態になるんですよね。



 


大浪漫主義 BIG ROMANTICISM


— 曾稔文 X 陳嫺靜 EP.01:在途中






關於 ep.01:在途中 —— 「移動」的概念




會選在公車上面拍攝,主要是想要傳達「移動」的感覺。起初在問嫺靜有沒有對什麼特別的場域或店家有感覺,她的第一個回答就跟我說,她好像都不會在一個地方停留很久,比較像是在「移動」。


我覺得這個答案很有意思,移動也有很多狀態,主動、被動,長或短,都會引發人的不同思考,選在這裡談話和演出真的還滿酷的。這集裡頭我們聊了對城市和距離的想法,在前往下一個拍攝地的移動途中,平衡感超好的嫺靜直接在車上開唱,我們做現場收音的工作人員把器材放在乘客平常放包包的地方就上工了(笑)。