MONO NO AWARE Interview:「在成為大人的某天會突然想起那首歌,是抱著這樣的心情寫下的。」 / MONO NO AWARE台湾版カセットテープリリース記念インタビュー




藉著 MONO NO AWARE「かけがえのないもの/無可取代的東西」台灣版卡帶的發行,為了讓台灣聽眾能更貼近他們的創作中心,這回大浪漫唱片從專輯的製作及創作面加以剖析,並將珍貴的訪談文字節錄,搭配 TSUNOGAI 先生的原創插畫製作成小書供樂迷收藏。


3月3日起開放於「台北・大浪漫商店」(台北 月見ル君想フ〔赤峰〕店中店),以及即將於3月5日開幕的大浪漫商店 express・台南店中店「PARIPARI apt.」兩店舖自由拿取。

MONO NO AWARE「かけがえのないもの/無可取代的東西」の台湾版カセットテープリリースを記念して、台湾のファンにも彼らの創作の核心に触れてもらいたく、今アルバムの製作と創作に関してのインタビューに、アルバムを手掛けたイラストレーターつのがいさんのイラストをあしらったフリーペーパーを配布することにしました。 台北の大浪漫商店(台北 月見ル君想フ〔赤峰〕内)と台南に3/5オープンする「PARIPARI apt.」内の大浪漫商店 express限定配布となります。 そしてフリーペーパーにも収まりきらなかったインタビューの完全版をここに公開する。是非ご一読ください。


【 Interwiew with MONO NO AWARE 】




1. 本作以「孩子到大人的成長過程」為題,據說為了創作,主唱玉置特地請母親將小學生時期的物品裝箱寄來呢。裡頭放了些什麼東西呢?


今作は「子供から大人になるまでの成長の過程」というテーマで、ボーカル玉置さんは今回の創作の為にお母さんに小学生の頃のものを箱に詰めて送ってもらったと伺ったのですが、どんなものが入ってましたでしょうか?何か特別なエピソードを思い起こしたりしましたか?



玉置:母親寄來的箱子中,包括了我在小學時期用過的筆記本、運動會後感想、個人創作的漢字等等。不過,其中有一張作文稿紙上寫著:「超開心啊啊啊~~~!」的內容,看到這裡已經害羞得不敢往下讀,導致我並沒有沉浸在回憶裡太久。


最重要的是,從中切身感受到父母對我的愛,光是為我保管好幾箱的童年回憶,這點已經足夠讓我寫歌了。來到26歲的現在,感受到父母給予的愛並不僅藉著記憶決定,而是應該由自己去留意的事情啊啊啊~~~!

玉置:送ってもらった箱の中には、僕が小学生時代に使っていたノートや、運動会の感想文、趣味でやっていた自作漢字などが出てきました。しかし、作文用紙に書かれた「楽しかったあああーーーーー」みたいな文章を読んだら恥ずかしくてもう見れなくなってしまい、そこまで思い出には浸りませんでした。ただ一つ、親に愛されていたことを痛感しました。僕のアーカイブを何箱も保存していてくれたという事実だけで、曲を作るには十分です。26歳になって、親からの愛情は、与えられたかどうかという記憶だけで決まるのではなく、自分で気付きにいくべきものかも知れないと感じましたあああーーーーー。


2. 專輯名稱由養老孟司『かけがえのないもの(無可取代的東西)』一書而來,內容又以城鄉差距、環境思考等話題貫串。出身八丈島的團員們來到東京後實際上感受到哪些不同?這些經驗影響了哪些歌曲的創作?


アルバムタイトルは養老孟司の本『かけがえのないもの』にインスピレーションを受けていて、本の内容は都市と故郷の距離や環境に対する思考が書かれているとのことですが、八丈島出身のメンバーは都市の東京に来たあと、実際に違いを感じたのはどんな部分でしょうか?この経験が創作に影響を与えた曲はありますか?



玉置:人口之多與打招呼次數之少。

住在*八丈島的時候,即使是沒有說過話的對象,在路上打打招呼就能自然地進行交流,但這在都市幾乎不太可能發生。身處在人滿為患的城市裡,每天與沒有打過招呼的人擦身而感到疲憊。我認為這樣自然與都市的差距,也可以說是小孩與大人的差別。因此就算是生長於都市的人,也能夠體會養老孟司著作裡所提及的反差。書中透過轉至城市思維(長大成人)的方式,來描寫關於「失去」的種種,我們則以這張專輯來表現這一切。

玉置:人の多さと、挨拶の少なさです。八丈島にいた頃は、特に誰かと話すことがなくても、道端で挨拶を交わすことで、誰かとのコミュニケーションが自然と取れていました。しかし、都市部にそのようなコミュニケーションがあるはずもなく、それにも関わらず道端には人が溢れかえり、挨拶もせずに多くの人とすれ違うことに疲弊する日々でした。このような自然と都市とのギャップは、子どもと大人とのギャップと言い換えることもできると思います。都市に生まれ、都市に生活をする人々にも、一度は訪れる瞬間のはずです。養老さんの著書も、そのような都市的思考に移行する(大人になる)ことで、失ってしまう何かについて書いていると思えたので、僕たちもそれをアルバムで表現しました。


*八丈島位於本州南方的伊豆群島,現有人口僅約 7500 人,距離東京 287 公里,卻隸屬於「東京都八丈町」行政區,面積與澎湖本島差不多大小。在圍繞著火山、溫泉、海洋的地理環境,與年均攝氏 18 度的常春氣候下,怎麼也難與高樓刺穿天際的東京聯想成一個都屬。



MONO NO AWARE 「東京」 MV 拍攝於故鄉八丈島


加藤:這些經驗影響了專輯中「ゴミ(垃圾)」一曲。樂曲中的吉他聲收錄於千葉一個天花板挑高的錄音室。在東京因為噪音的關係,多數錄音室都建於地下室,但我認為在地下無法展現吉他的空氣感,所以選擇在寬敞的空間中錄音。搬來東京之後,反而讓我更加意識到「空氣感」這件事。


加藤:制作に影響を与えた曲は、「ゴミ」です。あのギターは、千葉の天井が高いスタジオで録っていて、東京は騒音の関係などで地下にスタジオがあることが多く、そこでギターの空気感は出せないと思い、広い空間で録りました。東京に住んでいるからこそ、空気感を意識するようになったと思います。

3. 當初是什麼契機邀請到插畫家*つのがい(TSUNOGAI) 繪製專輯封面?


どのようなきっかけでイラストレーターのつのがいさんにジャケットを依頼しましたか?コラボレーションの過程についても教えてください。

竹田:我在朋友的 Instagram 限時動態上,看到他去參加 TSUNOGAI 的大阪作品展而得知。

也因為童年時期喜歡過的東西中,還沒有寫過關於漫畫的主題,之前也談及過這次專輯的封面可以用漫畫或插畫呈現。討論時剛好周啓談笑說道:「要是一眼就能認出是誰的插畫就好了,像是手塚治虫之類的……。」 而 TSUNOGAI 先生正是最適合的人選,因此造就了此次合作。跟 TSUNOGAI 先生傳達了每一首樂曲的形象後,他為此量身繪製了相應的插畫,希望大家聽歌的同時也能一起欣賞這些插畫!

竹田:大阪で行われていたつのがいさんの展示に行った友人が、Instagramのストーリーに載せていたことがきっかけで知りました。

子供の頃に好きだったもののうち、マンガは楽曲のモチーフになっていなかったこともあり、今回のアルバムのジャケットはマンガやイラストにしようという話がありました。打ち合わせのときに、「一目で誰が描いたかわかるようなイラストがいいね、例えば手塚治虫とか…」と冗談まじりに周啓が言っていたのですが、まさにつのがいさんがぴったりだったので、お願いすることになりました。それぞれの曲のイメージをつのがいさんに伝えて、それを元にイラストを描いてもらいました。是非曲を聴きながら手にとって見てもらえると嬉しいです。


*插畫家つのがい(TSUNOGAI)精於臨摹手塚治虫畫風,後來成為手塚製作公司的官方作家。


專輯封面及歌詞卡邀來插畫家つのがい(TSUNOGAI)親自繪製




4. 「かむかもしかもにどもかも」歌詞使用大量的繞口令堆疊,除了日本傳統的繞口令詞句之外,也加入許多天馬行空般的幻想,然而看似無厘頭的故事情節中,卻又能理出絕妙押韻,好奇在思考創作的過程是如何進行的?


「かむかもしかもにどもかも」の歌詞は沢山の早口言葉や自由奔放な想像、そして絶妙な韻踏みで構成されていますが、この曲の創作のインスピレーションについて教えてください。


玉置:為 NHK「みんなのうた(大家的歌曲)」執筆寫歌時,重新回想了在童年留下深刻印象的電視節目和動畫。腦海5j・馬上浮現了眼珠子轉啊轉的迪士尼人物、充滿未知恐懼的木偶魁儡,以及唱著神秘樂曲的奇怪大叔。


對於「人生中重要的事情」之類的題材,意外地完全沒有印象,所以決定以僅因奇妙而留下深刻印象的方向創作,選擇了小時候曾經在學校流行過的繞口令為主題。歌詞的內容則是以隨機的詞彙排列決定的。孩子們邊聽邊感到不可思議,隨後忘了它,然後在成為大人的某天突然想起,是抱著這樣的想法而寫下的歌。



玉置:NHKの「みんなのうた」に楽曲を書き下ろす際、自分が子どもの頃に見て印象的だったテレビ番組やアニメーションを思い返しました。すると、すぐに浮かんだのは、目がグルグル動くディズニーのキャラクターや、どこか恐怖を感じる操り人形、謎めいた歌を歌う変なおじさんでした。


意外と、必ず見ていたはずの「人生で大事なこと」のようなテーマは覚えていません。だから、ただ奇妙で耳に残るものを作ろうと決め、小さい頃に一度は学校で流行した「早口言葉」をテーマにしようと決めました。歌詞の内容は、ランダムな言葉の羅列が決めてくれるだろう、そして子どもたちはそれを不思議に思いながら聴き、そのうち忘れ、大人になってまた思い出すだろう、そう願って作った曲です。



MONO NO AWARE "かむかもしかもにどもかも!" (Official Music Video)




6. 「女高中生」中一直在追尋的青澀校園戀愛,到最後發現「裙底之中又暗又耀眼得看不清/原來什麼顏色也不是」,歌詞想表達什麼意涵嗎?


「女子高生」この曲では、ピュアな学園恋愛モノのストーリーで、最後に「スカートの中は暗くて

眩しくてよく見れなくて 色々な色のどれでもなかった」と気づくのですが、どのような意味が込められていますか?

玉置:20歲的我,曾經很沈迷於在床上幻想。

幻想是對於「未知」的特權,不僅是戀愛,只要是沒有經驗過的事情,人類便會一直作夢。不過一旦知道事實,就很難再繼續幻想。我已經無法再寫出這樣的歌詞,因為我不小心看見了裙底,而那是超越妄想且無法用言語說明的美麗事物,我也想聽聽大家在裙底裡看見了什麼顏色。


玉置:20歳のときに、僕はベッドで妄想することにこだわっていました。

妄想は、知らざる者の特権です。恋愛のみならず、経験したことのない何かに、人間は夢を見続けます。しかし、一度知ってしまうと、その妄想を続けることは困難になってしまう。もう僕はこんな歌詞を書くことができません。スカートの中を見てしまったからです。しかし、その中は、妄想を越える、言語では説明できない美しいものでした。皆さんが見たスカートの中が何色だったのか、いつか聞いてみたいものです。



➢ 玉置的腦內妄想番外篇 ➢


閉上眼睛,最初浮現出來的影像是短裙、然後大腿、小腿、鞋、腳踏車座椅,簡單來說就是女高中生的腿,到此處可以理解為女高中生在騎腳踏車。拉遠鏡頭後可以看到女高中生的黑髮與白晢肌膚,再把視距縮小看黑髮時,會發現髮梢沾上了草,在這裡留意到女高中生躺在河邊草原上。突然傳來了音樂,原來是女高中生用耳機聽的音樂,她拔下耳機的一瞬間,聽到了電車在橋上行駛的聲音,再插回耳機的時候,不知不覺中她已經在電車裡面⋯⋯因為直接把腦內的妄想寫成了歌詞,所以幾乎可聯繫在一起。


目を瞑って、最初に浮かぶ映像は、スカート、それから太もも、膝、ふくらはぎ、靴、サドル。つまり女子高生の足です。ここまでで、自転車に乗っていることが分かります。それからズームアウトしていくと、その女子高生が黒髪であり、白い肌であることが分かります。それから黒髪にズームアップしていくと、青い芝生が絡んでいるのが見えます。ここで、いつの間にかこの女子高生が河原に寝転んでいると気付きます。突然、音楽が聞こえてきたと思えば、それは女子高生がイヤホンで聞いている音楽でした。彼女が耳から一瞬そのイヤホンを外すと、川をまたぐ橋を電車が走る音が聞こえ、またイヤホンを挿すころには、いつの間にか彼女は電車の中にいる…。という妄想をそのまま歌詞にしたので、歌詞はほとんど一繋ぎになっています。





7. 專輯內容不斷圍繞在「言語表達」和「人際關係」兩個青春期的課題上,尤其「言葉がなかったら(無法言喻的話)」MV 讓人印象深刻。可以和我們分享背後的創作故事嗎?


アルバムを通して「言語表現」と「人間関係」という2つの青春期特有のテーマで展開していき、特に「言葉がなかったら」のMVの内容も印象的でした。この創作テーマの背景を教えてください。

玉置:大學時期,有位男生好友極厭惡校園裡充斥著輕浮的場面話,因而嚮往在無須言語的世界裡生存。因為我很喜歡和他一起談論度過人生的方法、宗教、死亡等話題,所以在他捨棄言語變成野獸的瞬間感到有些不快。


現在環觀世界,我認為有很多缺乏互相理解而產生厭惡,在開口之前就放棄的人。我也是曾經想放棄的其中一員,因為受宮崎駿的話「賢者應保持沉默」影響。沉默的一方看起來更深思熟慮,說錯話的機會也大大減低。但是,這樣的自己真的有智慧嗎?捫心自問並沒有。然而在產生這個疑問的同時,我已經使用了言語。既然要使用言語,那就不應該只對自已,而是與身邊的人使用,從中學習更多不同的事情。「言葉がなかったら(無法言喻的話)」就是抱著這樣的想法而誕生的歌曲。對於溝通不足導致什麼也做不成這一點,MV 導演 Dutch (山田健人) 也感到強烈共鳴,從而製作出那樣的 MV。嘗試和理應語