シンガポールのインディーズ事情 / 關於新加坡獨立音樂的發展和緣由 by 長澤一郎(DJ Itch)

いよいよHanging Up The Moonの新作リリースということで、Hanging Up The Moonと親交があり、長年シンガポールにお住まいの日本人DJイチローさんに最近のシンガポールインディーズ事情をお伺いしました。


在 Hanging Up The Moon 新作即將發行之際,本篇邀請到和團員們有所交情、長年旅居新加坡的日本人 DJ 長澤一郎,和我們聊聊關於新加坡的獨立音樂場景和發展。



photo by AIRISU



<長澤一郎>

シンガポール在住歴11年。音楽やアートへの興味から、現地クリエイターとの交流を積極的に深め、日本で開かれるアートイベントで若手アーティストやシンガポールのディープカルチャーを紹介するなど日星の交流に携わっている。現地カルチャーシーンやスポットを紹介するシティガイド「HereNowシンガポール」のコーディネーター及びライターとしても活躍中。

2018年よりItch名義でDJ活動を始め、シンガポール及び周辺諸国の60年代から80年代のレコード音源のみで選曲する独自のスタイルはシンガポール国内で注目される。シンガポールを中心に、ジャカルタ、クアラルンプール、バンコク、台北、東京等でのイベントやフェスティバルに多数出演。

目前已於新加坡居住 11 年。由於對音樂和藝術抱持興趣,於是積極地與當地創作者進行深度交流,在日本舉行的藝術活動中,透過介紹青年藝術家及新加坡次文化等方式,擔任日星交流的重要橋樑。同時以帶路人及寫手身份,活躍於深掘在地次文化及場所的城市導覽網站「 HereNow 新加坡」。

2018 年以 Itch 名義開始 DJ 活動,選曲以 60 至 80 年代新加坡及周邊各國的音樂為主,發展成獨自的特殊風格,在新加坡國內受到注目。演出活動以新加坡為中心,也受邀於雅加達、吉隆坡、曼谷、台北、東京等各大活動及音樂祭中參演。

https://www.mixcloud.com/itchirology/




「今は家にこもらなければいけないみんな辛い時期に、こういう曲を出してくれてありがとう」