<下北沢大浪漫商店>韓国インディー注目のアイテム入荷 /備受矚目的韓國新作上架!

進化を続ける韓国インディシーンから、オススメの作品をピックアップしました。

各アーティストが表現する音楽性の幅の広さは驚くほど

主流とは一線を画すインディペンデントだからこそのエッジ具合

ここからまた新しいスターが育つことでしょう。是非チェックを!


由持續進化的韓國獨立音樂場景中精選出的佳作特輯 除了這些音樂人所表現出的音樂性之廣闊令人驚艷外 更展現出與主流音樂僅一線之隔 所謂「獨立音樂」的模樣 而這些音樂人想必也將成為在未來發光發熱的樂壇新星吧!


紹介テキストは Park Daham (HELICOPTER RECORDS)。

※4/14(水)から店頭販売開始となります。


本篇特別邀來熟知韓國獨立音樂場景的 Park Daham(HELICOPTER RECORDS)撰寫介紹。

※以上商品將在4/14(三)於下北澤店面上架販售。



■공중그늘 (Gong Joong Geu Neul) - 연가 (CD)2500円

Gong Joong Geu Neul は普段親しくだけ異なることをしてきた友人が長くない若い頃を一緒に過ごしたい2016年に結成された。サイケデリックポップ/ロック、ドリームポップ、シンセポップ、シューゲイザー、レゲエなど様々な音楽で影響を受けて、文学的なが社と共に解きほぐす。チーム名はメンバーが一緒によく行く空間」空中キャンプ/ Kuchu-camp」と「町内木陰」から取ってきた。












■이날치 - 수궁가(LEENALCHI - SUGUNGGA) (LP) 5500円



恐ろしい口コミの主人公、Leenalchiが降りてくる!

Leenalchiはチャン・ヨンギュ、ジョンジュンヨプ、二人のベース奏者、ドラム奏者イチョルフイ、四人のパンソリボーカルグォンソンフイ、シンユジン、安易号、イナレで構成されたオルタナティブポップバンドだ。2019年の初めに結成され、静かに口コミを乗り始めたイナルチは「現代カードのキューレイテッド53:そわそわ水宮歌」公演をデビューにして、ソウル人気フェスティバル、ジャンダリフェスタなど、様々なステージで熱心に公演してきた。2台のベースとドラム、四人のパンソリのボーカルが生み出す幽玄なハーモニーと魔術とも同じ歌詞、アンビエント規制アースダンスカンパニーの見事なジェスチャーが調和したネイバーオン・ステージ「汎降りてくる(A3)」の映像は、視聴130だけふわりと跳び越えて話題を集めた。Leenalchiは舞台で「水宮歌」を歌うてきた。 「水宮歌」は、竜王(龍王)が病気に挙げる約に書き込むウサギの肝臓を救うために、育つ世の中に出てウサギを魅了竜宮に連れて行き、ウサギははかりを出して竜王をだまして生きて帰ってくるという話をパンソリに不織布ある。昨年12月から順番に発表した4枚のシングル[魚類]、[ウサギ]、[虎]、[ザラ]には、水宮歌の話が破片のように散らばっていた。明らかにウサギとカメの話だが、様々な魚が登場し、突然犯が降りてきて、薬の名前がだらだら出て不思議場合は、最終的に今回の正規アルバムの10曲を通じて水宮歌のフルストーリーと世界観、致命的関係、騙され欺くプロットを理解ことができるようになる。

80年代のシンセ - ポップとニューウェーブが伺えるドラムとベースのリズムの上パンソリソロと合唱が交差されて繰り返され、新鮮なサウンドを演出する。バンドLeenalchiは<水宮歌>を介して面白い昔の話を基にした、少し特別な現在のダンスミュージックを披露する。

- High Quality 180g Virgin Vinyl

- Audiophile Vinyl Press in Korea



■하헌진 밴드- 신나게 놀아보자 / Ha Heonjin Band - Let's Have A Ball (CD) 1980円


Ha Heonjinバンドの2020年最初のアルバム[楽しく遊んでみよう]


2019年12月8日、Toil Geemが運営する「ストディオポット」でワンテイクで録音したスタジオ・アルバムである。

ハホンジンはブルースミュージシャンである。一人で、あるいはドラマーと、あるいはドラムマシンとシンセサイザーとブルースという垣根の中で活動した。2018年ベーシストギムジインの勧めでハーモニカ演奏者偶像席に会って3人組トリオでの活動、2019年ドラマーギムゴンジェの加入で現在4人組編成を備えている。ハホン真意ブルースに三人の人が会って、よりファンキーで洗練された姿を備えるなった。


アルバムジャケットのイラストは、「ギムチュンウォンの絵画教室」シリーズの著者ギムチュンウォンが担当した。



■추다혜차지스 오늘밤 당산나무 아래서 / Chudahye Chagis Underneath the Dangsan Tree Tonight (CD) 2200円

「CHUDAHYE CHAGIS」は、米国で話題になった「SsingSsing」ボーカル出身のCHUDAHYEを中心にGuitar Simun 、ベースキム・ジェホ、ドラムギムダビンからなるサイケデリックシャーモニクファンクバンドである。 「CHUDAHYE CHAGIS」が歌うサイケデリックシャーモニクファンクは直接作ったジャンルで平安道、済州島、黄海道グッドで使われる無にパンクサウンドとヒップホップの要素を加味して独自のユニークな音楽色を示している。 「CHUDAHYE CHAGIS」から「分」を意味する「チャージ」は、この音楽がものさびしくこれ作ったCHUDAHYEと聞くこれらの分け前としてすべて取得行け意味を含んでいる。


音なら音、煙面煙、漫才やダンスはもちろん、シックなユーモアと独特のクールさ、から徒歩移る法がなく、正確な性格まで備えたアーティストCHUDAHYE。彼女は原色に近いボイスと手に負えない食、実力的にバンド、伝統、演劇まで、様々な分野でのラブコールを受けている。

民謡ロックバンドSsingSsingの活動中断の後、彼女の次の行動についての多くの成り行きが注目されている中でCHUDAHYEはスポットライトを後にして、突然ステージを去った。

そして2年という長い息抜きの時間を過ぎて、追加ダヘは、すべての人の予想に反し、ポンクト(funk&グッド)」をテーマにした実験の正規アルバムで、私たちの前に現れた。


2020年春には、CHUDAHYEは誰もなく、自分だけの色に満ちた「CHUDAHYE CHAGIS」の初の正規アルバム<今夜唐山木の下>を発表する。これら出しアルバムに収録された全九曲の音楽はファンク(Funk)とヒップホップサウンドを伝統武家(グッドミュージック)と絶妙仕込んた。


彼女を修飾する様々な役割がありますが、彼女は本人自らを「アーティスト」と紹介する。この時点で、私たちは彼女の目指すところを垣間見ることができる。自分をしたジャンルに限定せず、絶えず開発していくこと、それがCHUDAHYEが持つ魅力であり、競争力のある。

その意味で、「CHUDAHYE CHAGIS」は、バンドというよりアーティストグループとしなければならマトゲトダ。CHUDAHYEとその他の石のドア、ベースにキム・ジェホ、ドラムにギムダビンが出した今回の正規アルバム<今夜唐山の木の下で」は、こののすべてを長く孤立た結果である。

これらの共通点は、「執拗で繊細な表現」にある。

今回のアルバムでCHUDAHYE CHAGISが披露こだわりを伴うほどモダンで無駄のない色彩は、彼らがグッドというマイナーコードに向けて執拗に飛びつい2年間の収穫である。近くで手を差し出した華やかな舞台を拒否してグッドをテーマに、狭い作業室で「CHAGIS」と苦楽を共にしたCHUDAHYEは伝統にモムルドン音が現在でも十分に進化することができるという可能性を示している。

彼女の声は、過去にとどまっていた音を「今」のことでもたらす置く神秘を持っている。ここで話をする「音」というのは、単純に音を指すのではなく、彼女が持っているボイスのトーンと舞台マナーは、長い時間、複数のジャンルと骨太なアーティストとのコラボレーションを通じて、自ら忠実磨き上げた彼女の「色」を意味するものである。それは民謡ロックバンド「SsingSsing」の一環であり、紅一点として、彼女が見せてくれた「ヒプハンスタイル」を超えている。



■Kim Oki / For My Angel - (LP) 4400円


Tracklist

Side A

01. 내 이야기는 허공으로 날아가 구름에 묻혔다. (Feat. 서사무엘)

02. 더 많이 껴안을 것을

03. 머가리 돌리기

04. 포 마이 엔젤

Side B

05. 엔젤 아이즈 (Feat. Sep)

06. 다시 만나 이야기할 때

07. 그리고 최대의 사랑



■Kim Oki Saturn Ballad [Saturn Meditation] - (LP) 4400円


1. 새턴엔트란스

2. 점도 면에서 최대의 사랑

3. 무릎베개

4. 도파민

5. 양극성장애

6. 문제없어요

7. 서로를 바라보며 어디를 가다가

8. 새턴엔터런스 1969



■Organic Beer / TCR (Trans-Continental Railway) (Helicopter Records; 2020) 1980円

SIDE A

PART 01(31:26)

SIDE B

PART 02(20:08)

ロックの起源を探していくBand Organic Beerの第三公開タイトル TCR (Trans-Continental Railway)


初めてBand Organic Beerが設定したTCRの価格は、シベリア大陸横断列車のチケット価格で130.41ドルだったという。実際には、乗客の隊列に合流した人がどれだけかは記録に残っていませんが、たまたま最後の列車に乗ったHelicopter Recordsの唯一の従業員がこの記録を聞いてTCR(Trans-Continental Railway)をカセットテープに出そうという提案をしてされた。そして、その時点で有機ビールの独自の記録は以下の通りである。


"Band Organic Beerの新曲TCR(Trans-Continental Railway)は、50分あまりの絶え間ない演奏をOne Takeで録音した。Band Organic Beerのサウンド領域を4等分して、メンバーたちは各自の帯域で演奏を開始する。演奏進行され、サウンドの領域が徐々に削られていくことを観察し、これに伴う破壊力を波形として記録する。この記録の瞬間を聞こうとするこれらの大陸横断列車のチケット値だけを支払えばされる。"


Band Organic BeerのTCRはムンレ芸術工場(Seoul Art Space Mullae)とその練習室、すなわち異なる空間でそれぞれのPartをOne Takeで録音した結果である。二つのアルバムを発売し続けてきたOne Takeの録音方式は維持しながら、自分たちが行っている長さは異なる変化する様子を記録してみました。日本の電子音楽家Phewは最近のインタビューで、このような話をした。「録音は、将来を作る。つまり現在、過去に録音されたものに反映されることができる。」TCRを繰り返し聴きながら、やや口に途方もできますが、今のこの作品がBand Organic Beerの未来を暗示することができる1つの指標であることができるという考えをした。


TCRは、これまで出てきた二枚の結果より、とても遠くてきたようなアルバムである。淡々と自分の姿を見せてくれて、バンドの開始を知らせた彼らは再び同じ結果を生み出すことができるかしたいアルバムを発売する。録音はBand Organic Beerが、MixingはメンバーであるHaamとGoh-wooがPart1と2をそれぞれ担当した。アルバムのデザインは、メンバーであるJayが、MasteringはKuang ProgramのメンバーであるChoi Taehyunが担当した。Band Organic Beerが作成された51分間の長い旅を止めずに最後まで聞いていただきたい。


2020 HELICOPTER RECORDS.




Organic BeerはSeoulに基づいて活動している4人組音楽、美術プロジェクト団体である。メンバーには、Goh-woo(ボーカル、ギター、シンセサイザー)、Haam Seok Young(ギター、コーラス)、Ko Dae Young(ベース)、Jay(パーカッション)が含まれている。ロックンロール、パンク、サイケデリック、世界の民俗音楽、ノイズ、アンビエントサウンドなどを吸収しBand Organic Beerだけサウンドで表現をして構築している。公演における聞き手に伝達される濃厚な音的波形と視覚的なイメージは、破壊的な印象を与えるに十分である。2016年10月ONE TAKE BREWING; BUG FIXEDを発表し、音楽シーンに本格的に登場をし、2017年12月ONE TAKE BREWING; SETTLEMENTという連作を発表した。2020年10月15日、3回目のアルバムTCR(Trans-Continental Railway)を発売する。Band Organic Beerは音楽外的領域でも着実に作品とパフォーマンス、公演などで活動をしている。Band Organic Beerは個人的、団体的に積もる公開タイトルを介して音楽と美術の境界を着実に悩んで継続的