韓国インディー特集2022



韓国インディHelicopter Records協力のもと韓国の現行インディーのアイテムを下北沢大浪漫商店にて販売!

Helicopter Records初のバイナルリリース「Joyul」「Kuang Program」や前回大好評の韓国フリージャズ「Kim Oki」のバイナルなど貴重なアイテムが一挙勢揃い。まだ知らぬ音楽に触れてください!


※3/6からの販売となります※


 




1. Joyul - Earwitness (Vinyl)


アンビエントを骨組みで曲を書いて歌うJOYULの新しい初の正規アルバム『Earwitness』のレコード版。 音から作られる音を気軽につかむ音楽、テクスチャに説得される音楽、音の呼吸と沈黙に耳を傾けるようにする音楽からインスピレーションを受けた全8曲を収録した。Kim Nui Yeonの詩を含む歌詞、アメリカのUlla、Lucy Liyou、日本のAki Tsuyukoが「Earwitness」の収録曲を一つずつ選んでリミックスしたトラックを収めたダウンロードコードで構成されている。/ HELICOPTER RECORDS, PSYCHIC LIBERATION(カタログ番号:HS0044PLIB021)



2. Kuang Program - There is no more snow on the television (Vinyl)


間違いなく、ソウルで最も大胆なバンドの1つである Kuang Programの3番目の正規アルバム。 小説家Heeyoung Kangは、リスナーが「ロック」について期待する慣習的な感興を裏切る今回のアルバムが、Kuang Programがこれまで追求してきた音楽的志向を最も忠実に反映していると紹介する。5年ぶりのリリースで、新しいメンバーKyungsoo Seoと一緒にした。マスタリングには Roc Jiménez de Cisneros of EVOL/ HELICOPTER RECORDS (カタログ番号:HS0045)





3. Choi Taehyun - Microscript (Cassette Tape)


Kuang ProgramのメンバーChoi Taehyunの新しいソロアルバムMicroscript。 スイスの作家Robert Walserの本Microscriptから影響を受けた、7トラックで構成されている。個人的にはStephan Mathieu & Ekkehard Ehlers - Heroinのアルバムを好きな人にオススメしたいです。 変な感覚の電子音楽が好きな人にみんなおすすめしたいです。 HELICOPTER RECORDS (カタログ番号:HS0048)





4. 김오키 (KimOki) - 편견에 대하여 (About Prejudice) (VInyl)

個人的にKIM OKIの初期作に戻ったようなアルバム、トリオの構成で一日で録音を終えたという逸話が伝わる、SUN RAが好きな人から乱暴なジャズ音楽が好きな人までおすすめです。(PDH)

KIM OKIの13枚目の正規アルバム「偏見について」は、偏見のために愛することができず、偏見のために多くを失う現実、その苦いを込めたアルバムだ。

1. 가족이 만든 편견의 노예 / 家族が作った偏見の奴隷

2. 편견에 대하여 / 偏見について

3. 떨어진 마음의 꽃 / 落ちた心の花

4. 직업의 죄인 / 職業の罪人

5. 뻑유올 / パクユオール

6. 사랑 없는 사회 / 愛のない社会






5 진수영 (Chin Sooyoung) - [Paraphrase] (VInyl)


KIM OKIと着実にコラボレーション関係にあるピアノ演奏者ジン・スヨン氏の2枚目のソロアルバム。 叙情的なピアノ演奏で国内でもファン層が着実に増えている。ECMが好きな人にも室内楽が好きな人にもおすすめです。(PDH)

2021年に発売されたジン・スヨンの2番目のピアノソロアルバム。 「すべての記憶と眠りにつく夜」歩き声だけ聞こえた路地で止まったまま何もできなかった。数年の間、世界で一番近い間はわずか数分で一番離れた間になった。 しかし、大丈夫です。 闇が深いほど、星はより輝く。 幸せな夢を見る。 夕焼けはビーチでお互いの肩に手を上げて一緒に踊ります。 散らばった夜、一緒に抱きしめて横になる。 お互いの鼻先を合わせて目を閉じる。 しばらく目を覚ました。 ただ涙が流れる。 そしていつのまにか再び眠りにつく。

1 멈춰선 채 / 止まったまま

2해가 사라지는 시간 / 太陽が消える時間

3어둠이 없이는 별을 볼 수 없다 / 闇がなければ星が見えない

4. Dreamcatcher

5. 어깨에 앉은 석양을 잡고서 / 肩に座った夕日を持って

6. 흩어진 / 散在

7. 코끝을 맞대어 / 鼻先を突き合わせて

8. 어느새눈감고/ いつのまにか目を閉じる



6. 김오키 (Kim Oki) - Everytime (VInyl)

KIM OKIの12枚目の正規アルバム「Everytime」は、KIM OKIがKIM OKIのために作った12曲で、KIM OKIが認めて愛するミュージシャンと協力した。 鈍くて大変なこの世界を愛とミュージックで乗り越えていく話であり、これはアルバムを聴く皆さんにも当てはまり、大変で大変だが愛で一緒にファイティングして勝利しようというメッセージを込めている。

Tracklist

1. Above the Cloud (feat. Joh Ung)

2. The Fear In My Memory Hurts You

3. Fly With Me

4. Pour Toi (feat. Minsu)

5. In The Dream

6. Looking at Your Face

7. My Song (feat. Choiza & THAMA)

8. Radiant Wave

9. Love Song For Me (feat. Ippai)

10. Donmansuki a.k.a. Kim Oki (feat. Nucksal, DJ Soulscape)

11. We Say Goodbye

12. I Just Want to Say I Love You (feat. Saturn Ballad)

13. No More Dance (Bonus track)





7 삼승(Cubed) - Imaginary Scheme (VInyl)

人々にまだまだ会者となるデュオMUKIMUKIMANMANSUの活動でも有名な、ソロ音楽でも活発に活動中のLEE MINWHI、KIM OKIとの継続的なコラボレーション関係にもありながら、KUANG PROGRAMのドラマーとしても活動中のKyungsoo Seo、版画がKyungjoo Choiのプロジェクト(PDH)

'三勝' ( )³—“cubed”の最初のアルバム『想像/Imaginary Scheme』が2020年12月デジタルで、2021年1月12インチビニールで発売されます。サムスンはドラマーKyungsoo Seo、作曲家Minhwi Lee、彫刻家Kyungjoo Choiがそれぞれの音と絵を作成し、お互いの抽象を混ぜて変形させる共同プロジェクトです。

<Line Arrangement>、<Blind Spot>、<Depressed Image>、<Ridiculous Face>、<Figure Unwatchable>、<Empty Axis>、<Angle Non Sense>

少しずつねじれた7つのタイトルでわかるように、3人の好みは厳格さよりも緩みに、経験を超えた直観に、平面が拡張されたレイヤーに重なっています。この共通分母の中でKyungjoo Choiのスケッチはどのように概念が可視化されるのか、Minhwi LeeとKyungsoo Seoの音はその造形的ドラムをどのように音楽的構造に翻訳できるのか悩んでおり、<想像/Imaginary Scheme>はその悩みの最初の結果です。(@cubed_2020)


 Side A 1 맞선 Line Arrangement 2 맹점 Blind Spot 3 울상 Depressed Image Side B 1 황당한 면 Ridiculous Face 2 못 볼 꼴 Figure Unwatchable 3 빈축 Empty Axis 4 안 될 각 Angle Non Sense






8. 소음발광(Soumbalgwang) - 기쁨, 꽃(Happiness, Flower) (CD)


韓国大衆音楽賞2022 Best Rock Album受賞!

関西に似た情緒を持っている海岸都市釜山のバンド騒音発光Soumbalgwangの2枚目の正規アルバム、イギリスのポストパンクバンドの影響を多く受けており、日本の「Blue Hearts」、「Number Girl」「Ging Nang Boyz」の影響も満載のバンド、アルバム紹介文のように「激しい、あまりにも激しい美しさ、4人組ポストハードコアバンド騒音発光Soumbalgwang (PDH)


してみる時がある。騒音発光の新しいアルバム「喜び、花/Happiness、Flower」を聞いて発光の意を再び探したくなった。 「発光」は大きく二つ、「あることに没頭したり、ある行動を激しくする」という意味を持った「發狂」と光を出すという意味の「發光」に分かれる。そもそも騒音発光の発光は發光の意を持っているが、音楽を聴く中、發狂という他の意味までも考えることになった。


振り返って考えてみると驚くべきことだ。同じバンドのディスコグラフィでこのように劇的で極端な変化を確認することは。2019年の騒音発光が初のEP「フット」を出す時だけでも今のような途方もないエネルギーを発散するバンドに変わると予想したのはなかっただろう。騒音発光は当時「可愛くて騒々しいパンクの悪童」と自分たちを紹介したが、今「かわいい」と「悪童」という言葉はあの遠くに離れていった。代わりに彼らは相変わらず騒々しく、また「広大さ」のような新しい修飾語を付けてくれるほどのバンドに進化した。


明らかな進化だ。変身や変化よりも進化という表現がより適切である。単にスタイルの変化だけでなく、サウンドの運用や楽曲までも進化を遂げた。昨年出された初の正規アルバム「道華線」で成し遂げた進化を「喜び、花」ではさらに拡大させた。 「道華線」はパンクアルバムだった。パンクとインディロックの数々の先輩バンドの影響を受け入れながら、騒音発光の印章を確実に撮っておいたアルバムだった。Kang Dongsooのボーカルは、パンクとポストパンクの影響を超えて、独自のユニークさを持っていました。


「喜び、花」には騒音発光のすべての音楽的旅程が込められている。そしてこのすべてを一枚のアルバムの中に巻き込んで調和させている。1960年代のサンシャインポップとサイキデリックで始まり、1970年代のパンクを経て1980~90年代の花を咲かせたインディロック、ノイズロック、ポストパンク、スクリモ、ポストハードコア、そして2000年代ポストパンクリバイバルまで入り込んでいて、時にはブラックメタルのようなエクストリームメタルの情緒まで抱いていた。


言及したジャンルはすべて人気がありません。その非大衆的なサウンドの要素を取りながらも騒音発光の音楽が特別に聞こえるのはポップという基本を中心に置いているからだ。彼らが好きな音楽にはビーチボイスもあった。The Beach Boysが音の壁を積み重ねながらも中央にポップを置いていたように、騒音発光も荒いサウンドの中にポップを置かない。途方もないエネルギーを持って差し出すサウンドを聞かせてくれる「落下」で「注がれる」というサビは先演して記憶に残る。続く「ダンス」では真面目なムードでも争うポップの感じを作り出す。 「海辺」と「イブ」は夢幻的なポップそのものだ。音の拡張とはこういうことだ。


騒音発光の音楽で必ず言及すべき単語は「エネルギー」だ。 「太陽」と「終わり」で聞かせる広大さと凶絶さをさらに極大化させるのは沸騰溢れるエネルギーだ。このエネルギーはそっくり音源として記録された。音源がライブのエネルギーを越えるのは不可能に近いことだが、プロデューサーのキム・ビョンギュ(セイスミ)と騒音発光はできる最善の方法でこのエネルギーを一枚のディスクに収めた。最初に私が騒音発光の名前から「發光」とともに「發狂」まで考えたのは、この「狂った」エネルギーのためだった。二つの漢字を一緒に考えることもできる。 「喜び、花」で騒音発光は音に没頭し、音で激しく光を出している。(Kim Hakseon / 大衆音楽評論家)

TRACKLIST

1. Fall

2. Dance

3. Ember

4. Romantic

5. Seashore

6. Pink

7.Sun

8. End

9. Eve

10. Happiness






9. Hyodo and BASS -1집 (Double Casette Tape)



突然登場したバンド孝道アンベース、名前から新鮮だった。 孝道とベースとは…何の組み合わせなのか。 メンバーはバンドNumnumメンバーでもありながら個人活動を着実に続けているベース演奏者E.jae、プロデューサーでありギター演奏者でドラム奏者であるHukky Shibaseki、Balming TigerでByung unという名前で活動していたSukhoon Changまで。 三人が集まってとても騒々しいながらも整えられたパンクロックを見せている。DINOSAUR JR. からFUGAZIまでこんな音楽が好きな人におすすめです。 (PDH)

孝道アンベース/Hyodo and BASSはソウルで活動している三人組インディバンドです。 ギタリストSukhoon、ベーシストE jae、ドラマーHukky Shibasekiが結成し、2021年10月22日、最初のアルバムヒョド&ベース1集をバンドキャンプを通じて発表しました。


1. 룰루랄라 lululala

2. 근황 lately

3. 바람의 속삭임 (전기 자전거) electric bike

4. 테니스 tennis

5. 거인 giant

6. 와이파이맨 wifi man

7. 강아지, 여자친구, 비데 dog girlfriend bidet

8. 시티송 city song

9. 안젤리나 angelina

10. 호프 hof

11. 피에타 pieta

12. 졸라댄스 jola dance

13. 트렁크 trunk

14. 해수욕장 beach

15. 첨벙! splash!

16. 해와달 sun & moon

17. 태국서프 thai surf

18. 여러가지 all kinds

19. 회전목마 merry go round

20. 시인 최이재 poet choi

21. 영수송 young-soo song

22. 건강이 최고지 healthy life

23. 괜찮을거야 it'll be ok

24. 커피플레이스 coffee place






10. Liu Lee - Jasmine (CD)



電子音楽家Liu Leeの最初のEP [Jasmine]は、恐れずに愛を表現した時代の純粋さをレトロにして哀れだが、純粋で単導直立的な表現で愛を再発見する姿を描いた。

Liu LeeはこのEPを通して私たち自身が定義する性愛の本質を実践して生きているかどうか質問を投げかけます。未成熟な自己が愛を通して成熟した認識を育てて生じる衝突は強烈で、このような衝突から飛び出す火種は闇の中で私たちの姿をしばらく確認することができるようにする。その結果、Jasmineは、これらの質問を引き起こす感情的なメカニズムを追跡するLiu Leeの成長と、常に炎の中に飛び込むジェスチャーについての物語です。[Jasmine]は「愛が終結したアポカリプスの世界」を舞台に恐れずに愛を表現した時代の純粋性をレトロにして哀れだが、純粋で単導直立的な表現で愛を再発見する姿を描いた。90年代のTechnoとElectroclash、Breakbeatをノートにして、現在の文法で解釈した5つのトラックの上には、不吉な歌唱と愛のささやき、自我が混ざり合い、耳障りな音などが一度に感じられ、愛の多面的な味覚的歓喜を感じさせる。

1.Canine

2.Jasmine

3.Elastic (Feat. Kollin Ga)

4.Fabulous Stain

5.Kiss Me




11. ACIDWORK / Pure Elements... (Cassette)

DJで音楽家MogwaaとDJで音楽関連の貢献者Jesse Youが合意して作った音楽レーベル「WALLS AND PALS」の最初の発売作、確かに二人の好みが現れる発売作であり、彼らの友人である音楽家ACIDWORKの最初のアルバムを発売した。 (PDH)

自らを限られた区域に追い込んでその中で最大値を発揮する時、ついに起こる音の美徳がある。ミニマルな構成で「マキシマムサウンド」を構築する作法とも言えるだろう。ハードウェア楽器を中心に各音に存在感を与える方式を通じて、ACIDWORKのプロダクションは自分だけのエネルギーを持つ。

この7曲の「Pure Elements」は、彼が使用したハードウェア楽器から誕生した。RS7000グルーブボックス、JV-1080サウンドモジュール、SH-101とAlpha Juno-1シンセサイザーなどは時代を象徴する楽器であると同時にジャンルサウンドの核心として利用されていた。ACIDWORKは、このようなダンス音楽の標準と呼ぶほどの楽器を、時にはクリシェそのまま、時に実験的に活用し、独創的なパターンと音を見つけた。そう、整数に近い楽器から純粋なものを作った。純粋であることは結局他のものが混ざらなかったということであり、逆説的にACIDWORKは彼の表現によると「混ぜて面白く」そのような点に達した。

例えば、楽器名自体がタイトルになった「DRUM-X」に使われたPearl Drum-Xモジュールは、曲のドラムとは関係がない。SH-101のリアルタイムベースラインコントロール、RS7000で発見したパッドやコードソースはおなじみのように馴染むことなく、単純な中でさらっとルールを振る快感を与える。トランシーなアルペジオがデトロイト式で強くコンプレスされたキックと出会い(「Misty Morning」)、「アウトトロ」と譲歩しない強力で重いサブが登場する(「Over」)。そのように[Pure Elements...] EPには、既存のダンス音楽のエネルギーとともに、珍しい方法で加工および組み合わせた音を聞く楽しさがある。

ACIDWORKは2015年頃プロデュースを始め、ソウルの音楽シーンで多様な姿で活動してきたプロデューサーだ。[Pure Elements...]は彼のデビューEPだが、一方自身のアーカイブの一部を公開して新しいスタートを知らせるアルバムが祈る。彼の音楽的「Pure Elements」がハードウェア楽器とその再解釈に起因するならば、選別の観点からこのEPをACIDWORKの様々なデモの中で「Pure Elements」と区別することもできるだろう。ラベルWALLS AND PALSの出発とともに、[Pure Elements...]は現在ACIDWORKの視線がどこに留まるかを示す良い手がかりとなる。

SIDE A 1. DRUM-X 2. Misty Morning 3. Circuit SIDE B 1. DOGGY SOUND 2. Free Your Mind 3. Rvrs Life 4. Over





12. Wona - The Butterfly : Deluxe (Cassette)

「The Butterfly」:DeluxeはWonaの正規アルバム「Thanatoid Butterfly」とそのリミックスアルバム「Resurrected Butterflies」を合わせてコンパイルしたもの。


「假死状態の蝶」をテーマに、過去と現在を行き来しながら繊細な金属性の曲を盛り込んだA面とFRNKからSalamandaまで合わせる様々な電子音楽ミュージシャンたちが自分だけのスタイルで溶け込んだB面のリミックストラックはジャンルの ファンを越えて音楽が好きなすべてのリスナーの環境に隙間なく入ってくるように備えられている。 また、デラックスでしか聞こえない2つのラフ/未公開トラックとシングルで発売され、正規アルバムの余韻を感じさせてくれたトラック、ダウンロードのためのコードとWonaのフォトカードまでもれなく収録されている。

A Side : Thanatoid Butterflies + Bonus Tracks : Dreaming (Demo), When I Was Dead (Demo) (Cassette Only) B Side : Resurrected Butterflies + Bonus Track : Gasi + Wona's Special Photocard!




特集記事