Live Report:everfor『復活邪神』at 台南TCRC 20211110



初めましてこんにちは、海外のアーティストたちがまだ台湾でバリバリライブをやっていた時は、ほぼ毎日のようにライブ現場に出没していた台北人のチャンプです。一部ではTHE WALLの地縛霊とも呼ばれています(常に居るってこと)。とにかくライブ現場が大好きなので、今回は久々台湾の南側の街「台南」にライブ観に行ってきました。


コロナの前は台北でほぼ週に二、三回、散々ライブやライブハウスを巡ってたんだけど、実は台南に行ってライブ見に行くのは実に四年ぶりの二回目でした。(実はこういう日記のようなレポを書くのもかなり久々)

Hi,我是CHAMP。或是有人叫我里長伯,亦或是THE WALL地縛靈、第一排那個很高很礙眼的…等等anyway。現在想來都覺得奇妙,在海內外演出者們的演出都還能塞滿每個週末,甚至是日程可以滿溢到平日可謂有點接近泡沫化的近兩年前,幾乎週週都泡在演出場館中。而這次是久違地前往台南,也是第一次前往台南的「TCRC Livehouse」看了場表演。

在疫情前大概是可以以一週去個兩、三次,台北屈指可數的演出場地能去也是去得差不多的狀態,不過這次也算是睽違四年下台南看表演,同時也是第二次在台南當地看表演。(連久違地寫如日記般的流水帳也是感覺十分生疏)

台南の大量のB級グルメと古い街並みに囲まれながら、レンタルバイクであっちこっちを巡って、久々の最高な遠征気分に味わえてたかもしれません。着いた当日の夜のライブは今回の一泊二日の旅の中のハイライトですね!


租上一台機車,在台南大量的路邊小吃美食以及街上巡禮,也可以說是這近兩年來沒辦法前往日本看表演後,久違地感到最有為了去看表演而產生那種遠征感的一次了吧。宛如彈丸旅行般的兩天一夜,於抵達的第一天晚上看表演也覺得似曾相識。




今回のイベント(「復活邪神」というちょっと奇抜な名前)が行われる会場は、俺みたいバーにはあんまり詳しくない人も名前だけは聞いたことがある、かなり有名な「Bar TCRC」というバーの隣にある「TCRC Livehouse」という箱でした。会場のキャパ的には大体50人前後でギュギュっとなれそうなわりと近くで観れるあんまり距離感を感じないコンパクトなライブハウスです。(こんな小っちゃい箱でもトイレが付いてる!)


這次活動的表演會場(活動取了一個有點奇葩的名字「復活邪神」),是連我這個台北酒吧菜雞都耳聞過其名的台南酒吧「Bar TCRC」,距離其附近不遠處的「TCRC Livehouse」。會場格局硬要說的話偏向扇形放射狀、中後側即為單一出入場樓梯,場內大約50人左右就感覺蠻極限的,算是可以在相當近距離欣賞表演、麻雀雖小五臟俱全的場地。(因為不算太大的場地居然付了一個相對而言不算小的廁所)

everfor

ライブ中のMCから聞くと今回のイベントは「everfor」主催で、「蓬萊仙山(PonLai Mt.)」と今年の四月結成した「蘿蔓假期(The Holittuce)」を加え、三つのバンドが共演するというか、みんなで一緒に久々の台南でライブやろうという感じが強くあるなと勝手に思ってました。今回の目当て、そしてイベントのトップバッターとして登場したのは僕が週に二回バイトしてる台北のスパイスカレー屋さん「oncepoon」の店主兼シェフのゆきさんがベーシストとしてやってる「蓬萊仙山」というバンドです。(肩書長いな)かなり個人的な理由で観に行ってきました。

就演出中的介紹聽起來,這次感覺上是由「everfor」發起,並另外邀請「蓬萊仙山」以及今年四月剛成立的「蘿蔓假期(The Holittuce)」三團做共演。而這次主要前來的目的,以及登場的第一棒便是我一週去幫忙兩次、位於台北的香料咖哩店「oncepoon」的老闆兼主廚的YUKI作為其貝斯手的樂團「蓬萊仙山」。(說明好長)

蓬萊仙山

「蓬萊仙山」はキーボードボーカル兼リーダーの「COSiMOZ(何澔)」、everforとFrecklesのギタリスト「偉安」、2020年解散した台湾伝説のパンクバンド濁水溪公社の元ギタリスト「陳俊安」、ベーシストの「ゆき」、Frecklesのドラマー「菜圃」の異色な五人が結成した台湾でなかなか見たことのないレゲエバンドです。


「蓬萊仙山」由主唱鍵盤兼團長的「COSiMOZ(何澔)」、everfor雀斑樂團的吉他手「蘇偉安」、已解散的濁水溪公社原吉他手「陳俊安」、貝斯手「YUKI」、雀斑樂團的鼓手「菜圃」的五人組成,在台灣也相對少見的雷鬼樂團。



初めて「蓬萊仙山」のライブに行った今年四月台北での「PIPE Live Music」でのイベントからもう半年以上経ちました。五月から台湾国内の感染者が一気に増え、イベントとかいろいろ止まってしまったり、変わってしまったり三ヶ月を経ってから、最近はやっと各地で段々といつも通りの生活に戻ってきているということです。


距第一次去看「蓬萊仙山」的表演已經是今年四月在台北的「PIPE Live Music」,五月起疫情也一度緊張,而至今也過了超過半年以上。最近各地各行各業也逐漸復甦,表演活動也慢慢回歸到正常的生活軌道上。

蓬萊仙山


今回二回目の「蓬萊仙山」は久々台南でライブハウスに戻って爆音を浴びせてくれました。さすが半年経って、一回目のライブより曲数が倍以上くらい増えてるだけではなく、メローな曲やフロアを沸かせる曲もかなり増えてきた気がします。


「蓬萊仙山」の曲の特徴としてはボーカルの歌声が曲に寄り添ってる漂う感じでした。彼らはインスト曲がメインで体を自然に動かせるリズムを鳴らして、強いて言えばライブ中には何度も「YOUR SONG IS GOOD」を思い出すくらい良い曲作りだなと思っちゃいます。台湾の名曲と言える<魯冰花>や名曲の<Last Waltz (Rocksteady version)>などのアレンジから、たまにキーボードがインドかどこかの異国感のあるイントロまで、あっちこっちに遊び心を感じさせます。彼らが音源を出したら、いつか誰かのDJで聞けるのも期待できるかなと思ってます。

而這第二次在台南的「蓬萊仙山」不愧是中間歷經半年多的醞釀,比起第一次看時,不只是曲目上有了近乎翻般的增長,感覺上也多了許多mellow感以及舞曲感的曲目在內。

「蓬萊仙山」曲子目前感覺上多以器樂曲為主,但也絕非沒有加入主唱。而是比起說是主唱在唱歌,更像是歌聲如同樂聲般貼合著樂手的音符一起出現、不顯突兀。硬要形容的話,演出中數度有種像是在聽「YOUR SONG IS GOOD」般的感覺的同時,又從台灣名曲<魯冰花>以及<Last Waltz (Rocksteady version)>等等的重新詮釋,再到由鍵盤不時傳出如同印度十分異國感的旋律也是值得令人玩味的部分。已經可以擅自期待他們發片之後在DJ聽到他們的曲子被播出來的畫面了。

蘿蔓假期


そして、二番目登場したのは「蘿蔓假期」でした。MCから聞くと「蘿蔓假期」はボーカルの姉とギタリストの弟で始めて、最初は二人が家で良い感じのジャムをしたというきっかけでバンド結成したらしくて、メンバーは社会人大学生半々の構成でした。今回の演出はもう一人の男性ボーカルを加え、ダブルボーカルという形での六人編成でした(ダブルボーカル、ダブルギター、ベース、ドラム)。個人的には「蘿蔓假期」をこの二つのバンドの間に登場という配置がすごく良いと思います。ボサノヴァよりの曲風はちょっと耳の休憩になるし、前後二つのバンドをやってるギタリストの「偉安」も一休みできそうだなと思います。


接著登場的則是「蘿蔓假期」。從中間它們的介紹聽來,是由作為主唱的姐姐、吉他手的弟弟兩人在家即興演奏做為開端,而後找了團員組成了「蘿蔓假期」這個由社會人士與大學生比例各半的五人樂團。這次的演出看上去是多配置了一位男性主唱做為六人編制登場(雙主唱、雙吉他、貝斯、鼓)。個人覺得讓「蘿蔓假期」於兩團中間出場是一個不錯的安排,除了偏向Bossa Nova的曲風上能讓耳朵稍歇片刻之外,也能起到讓身兼兩團的「蘇偉安」有稍微喘息的作用。


彼らのMCを聴くと、話しがうまくて、観客たちとの距離感も近いような気がします。観客の反応を見る限りその日彼ら目当ての観客も多かったと思います。


相對於前後登場的兩團,他們MC講話的部分就顯得較為擅長,與觀眾對答聊天的部分也較無距離感。而從現場觀眾的反應判斷,感覺上應該也有蠻大一部份的觀眾是為了他們的演出前來這場活動。


everfor


トリとして登場した「everfor」はFrecklesのギタリスト「蘇偉安」の個人音楽計画で、メンバーはギターボーカルの「蘇偉安」、兄のベーシストの「蘇偉博」、ギタリストの「陳子維」とドラマーの「李亮瑩」の四人構成でした。


而作為壓軸登場的「everfor」則是由雀斑樂團的吉他手「蘇偉安」進行的個人音樂計畫。團員由主唱兼吉他手「蘇偉安」、貝斯手「蘇偉博」、吉他手「陳子維」以及鼓手「李亮瑩」的雙吉他的四人構成。


初めて現場で観たけど、さすが台湾のインディーズ界隈で人気のバンドでした。最初から最後までキレキレのギター、演奏の存在感半端ないドラムの良いリズムとシンプルでけどすごく気持ちいいペースラインが鳴り響いてて、会場にいる人たちを踊らせていました。シティーポップのキャッチーさとグルーヴィのバランスがうまく取れてて、曲の完成度も高く、ビール飲みながら「everfor」を聞くと最高な気持ちになれると思います。


不過不愧是已經在台灣indie界耕耘好一陣子的「everfor」,演出間毫無冷場片段,從開演至最後都以明確的吉他演奏、存在感極為強烈的鼓聲以及簡單不失節奏感BASS LINE迅速炒熱整場的氣氛,曲子的完成度感覺上也是三團中最高的。即便是第一次聽也很容易入耳與跟著擺動。宛如City pop的流行好入耳感以及Groovy的部分兩者搭配得平衡,邊喝啤酒邊聽他們的歌真的是令人心情愉悅。


個人的には、初めてちゃんと現場で観た「everfor」と二回も観に行って、半年間の成長を確実に感じさせられる「蓬萊仙山」が一番印象に残ってる演出かもしれませんね。今回は一つのイベントでいろんな曲風を聴けて、ついでに台南の名物を食べまくって、耳もお腹もいっぱいいっぱいの良い旅でした。


對於第一次在現場看的「everfor」、以及去現場看了第二次,且可以明顯感受到這半年來顯著進化的「蓬萊仙山」可以說是最有印象的演出了。而這次能在一次的活動聽到多種曲風,以及順便把即便想吃爆但也吃不完的台南吃了一輪可以說是十分滿足。




文・写真:CHAMP a.k.a THE WALL地縛霊

 

《Release Info》


Artist:EVERFOR


Title:空中閣樓/ Castles in the Air

release media:CD

release label:BIG ROMANTIC RECORDS

release no:BRRCD-083 (Jan:4562434340832)

release date:2021年10月29日

price:2200円(税込)/ NT.450


track list:


01 冰咖啡 / アイスコーヒー / Ice Coffee

02 血液循環 / 血液循環 / Blood Circulation

03 儀式感 / 儀式感 / Sense of Ritual

04 幸運淚 / 幸運の涙 / Lucky Tears

05 午夜空椅 / 真夜中の空っぽの椅子 / Midnight Empty Chair

06 甜蜜的房間 / 甘い部屋 / Sweet Room

07 夢天使 / 夢天使 / Angel of Dreaming

08 空中閣樓 / 空中楼閣 / Castles in the Air

09 奇幻的你 / 不思議な君 / Fantastic You

10 別管我 / 構わないでくれ / Leave Me Alone

※日本語歌詞翻訳付(附日文翻譯歌詞)

BUY

特集記事 
最新記事 
タグ検索