top of page

アフターコロナの台湾ライブハウスはどうなる? vol.1 / 疫情趨緩(?)之後呢?:關於 live house by Spykee(DJ,THE WALL manager)



台湾のライブハウスはこの苦境をどう乗り越えるのか?台湾台北にあり国際的知名度もあるライブハウス「THE WALL」のマネージャーであるSpykeeが台湾の音楽業界に向けて問いかける


台灣live house該如何渡過現今的困境呢? 此篇將由具國際知名度的台北指標性live house「THE WALL」主理人——Spykee,來和我們談談台灣音樂業界的現況。



疫情趨緩(?)之後呢?:關於 live house

アフターコロナの台湾ライブハウスはどうなる? vol.1


text by Spykee (DJ, THE WALL manager)




「雖說現在台灣防疫獨走全球,但 live house 何時能辦表演,表演要敲誰來唱,唱了會不會有人來,都是未知數 —— 一個大家能不能撐過去的未知數 。」

「台湾の防疫体勢は今世界をリードしているのだが、ライブハウスはいつライブができるのか、誰をブッキングすべきか、ライブに人がくるのか、全て未知数。みんながこの状況を乗り越えれるかどうかも未知数である。」


首先想提個人對疫情的認知,是至少近一年左右才會獲得全球性的緩解。主要在於無症狀感染極多,現階段看來必須等到有效疫苗問世才會開始真正的重建,而經濟面重建可能又是至少三五年的時程

まずこの疫病を取り巻く世界の状況に対する自分の認識を述べておくと、全世界での収束となると少なくともこれから1年前後はかかるのではないか、ということだ。やはり無症状の感染者が多すぎるので、現段階ではワクチンが世に出てくるのを待ってようやく本当の再建が始まるのであろう、広く経済面で言うと恐らく少なくとも3-5年スパンでの再建が必要となるだろう。

台灣的 live house 營運困境在這幾年已有許多音樂評論訪談討論,結論大概在於「天團朝聖場」以及「音樂祭過剩」兩現象。當時各種論戰有 beef 也有策勵未來的氣味,而今室內密閉空間轉眼成過街老鼠,live house 此刻之慘不言而喻。雖說現在台灣防疫獨走全球,但 live house 何時能辦表演,表演要敲誰來唱,唱了會不會有人來,都是未知數 —— 一個大家能不能撐過去的未知數 。 台湾のライブハウスの運営の厳しさに関しては、この数年多くの評論やインタビューで語られてきたことで、結局は「プラチナチケットライブ(人気バンドだけが成功するコンサート)」と「フェスの飽和状態」この2つの話題に行き着く。当時は様々な意見のぶつかり合いがあり、罵りあったり、未来への意気込みを褒め称えたりなんだりしていたら、いつの間にか室内の密閉空間そのものが非難の対象となってしまい、今ライブハウスがどれだけ悲惨な状況なのかは説明するまでもないだろう。台湾の防疫体勢は今世界をリードしているのだが、ライブハウスはいつライブができるのか、誰をブッキングすべきか、ライブに人がくるのか、全て未知数。みんなが耐え切れるかどうかも未知数である。



台湾では3/25より室内100人以上のイベントが事実上不可となった

假設營業再開,要以過去的朝聖場來維持營運吧 —— 但莫忘其中不少是國外藝人場次。這點坦白說我個人蠻悲觀,就未來至少一年,國際藝人來台演出很可能全面停擺

もしライブハウスが営業再開できたその時には、以前のように人気バンドを呼んで営業を続けていくべきだろう。ただ、その人気バンドの多くは国外のアーティストだったということを忘れてはならない。実はこの点は正直に言うと自分はかなり悲観的に見ていて、海外アーティストの台湾公演というのは最低1年はできないだろうと思っている。



「在機票的成本上很可能會變得難以負擔」

「(主催者にとって)高騰した航空券のコストを負担するのはかなり厳しいだろうと思われる。 」

第一個當然是以疫苗問世預計時間來估,普遍認為尚需一年至一年半。疫苗出來前即使疫情趨緩,各國不一的檢驗率與確診率裡藏有太多未確診感染者,在這個前提下台灣不太可能全面開放外籍人士來台。即使以演出工作簽等個案辦理,入境至少一週以上的檢疫措施勢必仍需維持執行,以巡迴演出日程及預算來說已幾近不可能。 まず第一に当然ワクチンが登場するまでに、一般的には1年から1年半かかるだろうと見込まれている。そしてワクチンが出てくる前に感染状況は緩やかになったとしても、各国がそれぞれの検査率、陽性率そしてそこに潜む多くの偽陽性者を鑑みるに、台湾政府は恐らく外国籍者への入国制限を解除しないのではないかと思われる。さらにライブの興業ビザの申請などの手続きにおいても、入境後の1週間以上の隔離等の検疫措置は引き続き行われるだろうから、スケジュールと予算面から言っても全く現実的ではない。



THE WALL 台北の有名ライブハウス(写真は台北のバンド:Angel Baby)


再來是目前幾乎可說看不到盡頭的航空業寒冬,會有很長一段時間要面臨運量減少,以及機票價格上升的情況,即使前述檢疫問題能以預先篩檢等方式權宜,在機票的成本上很可能會變得難以負擔

さらに、今終わりが全く見えないほど航空業界が苦境に立たされていて、かなり長期間に渡り運航便が減少するだろうし、航空券の価格も高騰した状況、仮に先ほど述べた検疫措置がスクリーニング検査のみになるなどの便宜が図られたとしても、(主催者にとって)高騰した航空券のコストを負担するのはかなり厳しいだろうと思われる。

此外線上演唱會正以 VR / 多視角等新體驗,開啟後武肺時期的串流演出模式。「線上化生活」在這幾年早已不是新課題,live house 的現場價值已經接近有點像在道德勸說,只是萬萬沒想到今天防疫會成為串流的最大助選員,也更是無法海外巡迴時期的最佳備案。順帶一提坦白說線上演唱會對演出者及樂迷都其實是不錯的選項,但現場的體驗絕對無法被取代。這雖是老生常談,但實在很需要對健忘的台灣樂迷多多提醒。 この他に、オンラインでのライブはVRやマルチアングルなどの新しい体験を持ってして、アフターコロナの時期のストリーミングライブの形式として定着するだろう。「生活のオンライン化」はここ数年もはや新しい取り組みではなくなっていて、ライブハウスの生の現場の価値というのは聖者の行いのような奉仕行為に限りなく近くなってしまっているが、今日の防疫体制がストリーミングでのライブを後押しすることになるとは思いもよらなかったし、実際海外ツアーができない時期のベストな代替案になりえるだろう。ただ正直に言うと、オンラインでのライブというのはアーティストやファンにとっては悪くはないチョイスだが、ライブ現場で体験できることの本質に取って替わることはできない。これも常々語られていることだが、何かと忘れっぽい台湾の音楽ファンには念を押しておきたい。


台湾のバンド「DSPS」による配信ライブ 〖 稔文的房間 ami’s room vol.1 〗guest:夏目知幸(シャムキャッツ/SIAMESE CATS)

元々配信ライブ



【瞎槓 LIVE HOUSE】落日飛車國國專訪,為了彈好吉他不惜禁慾20年!?獨立音樂圈性學大師開示懷孕系搖滾的真諦!


こちらは美秀集團の劉修齊と傷心欲絕の官靖剛によるバラエティ番組風の 瞎槓 Shotgun

コロナ以前からの人気番組



整體來說,如果台灣 live house 或活動主辦仍以過去思維迎擊接下來的音樂展演危機,我想會有點危險,但如果能在某些關鍵點轉變一些圈內舊有的 mindset,可能會是很好的一次洗牌。相對來說日本目前遭受重創,但對於災後重建自己是還蠻樂觀,分享一下觀察。 つまりまとめると、もし台湾のライブハウスかイベンターが以前のままのマインドで目前に迫る音楽ライブ産業の危機に立ち向かうとしたら、とても危険だと思う。ただ、何かのキーワードが周囲の従来のマインドを変えることができたなら、状況を根本から変える良い機会になるかもしれない。今日本の音楽業界も相当なダメージを受けているが、この災難が過ぎた後の再建に関して、自分はすごく希望があるように思う。日本の事例を少し紹介したい。


「日本面對國際藝人巡迴停擺以及大型音樂祭規模限縮等困境時,本土市場健全度或許能成為災後重建的最大利器」

「この先日本が海外アーティストのツアーがでなかったり、大型フェスの規模縮小などの困難に陥った時、自国のマーケットの健全具合がこの困難に立ち向かう最大の武器になるだろう。」