top of page

北京サイケデリックの声/風吹萬竅,來自北京的迷幻之聲:吹万chuiwan interview



中国サイケロックアルバムの金字塔となる4枚目のアルバムを日本台湾リリースすることになった吹万chuiwan。世界的に注目が高まりつつある中国インディで長きに渡り活動している。


メンバーは、闫玉龙ヤン・ユィロン(ボーカル/ギター/バイオリン/キーボード),吴琼ウーチョン(ヴォーカル/ベース),吴冬ウードン(ギター/サンプラー),文正ウェンゼン(ドラム)の4人。


吹万chuiwanの由来は、古代中国の思想家「荘子」の書物【斉物論】にある一節

<風吹萬竅,發出各種聲響(あらゆる穴へ風が吹き,それぞれが音を発し出す)>

から取られたという。

まさに吹万chuiwanの音楽が描き出すサイケデリックな風景そのものだ。


その活動は2008年ごろから始まり、中国の名門インディレーベルであるMAYBE MARSに所属し、同レーベルのP.K14やcarsickcarsなどのバンドと共に中国のインディシーンを牽引してきた。

そんな吹万chuiwanから現在の中国の音楽シーンはどう見えているのか、リーダーの闫玉龙ヤン・ユィロンに話を聞いてみよう。



「風吹萬竅,發出各種聲響。」


來自北京的新迷幻/實驗搖滾樂團「吹萬Chui Wan」由閆玉龍(主唱/吉他/小提琴/鍵盤),吳瓊(主唱/貝斯),吳冬(吉他/採樣),文正(鼓)組成。團名取自莊子的《齊物論》,也正體現了吹萬所描繪的音樂風景。


與 P.K14、carsickcars 等所屬同一中國名門獨立廠牌「兵馬司」,自 2008 年開始樂團活動後更牽引著整個中國獨立音樂場景。去年迎來樂團第四張新作大碟,也是被譽為中國迷幻音樂史上的高峰——「眼eye」,趁著本次日盤專輯即將於台日發售之際,邀請主唱閆玉龍和我們談談,逐漸受到世界關注下的中國音樂場景和變化。



左からベース:ウーチョン / ドラム:ウェンゼン / ギター:ヤン・ユィロン



 

・今回リリースした4枚目のアルバム「眼eye」はどんなアルバムになりましたか? ・此次發行的第四張作品「眼」是一張怎樣的專輯呢? 「眼eye」は勇気に満ちた、大胆であり自我とせめぎ合ったアルバムです。曲としては、以前の作品と比べて歌唱が多く、あと制作時のアイデアとして、できるだけロック的な音の処理方法を選ばない様にしました。

「眼」是一張很有勇氣,比較大膽和反叛自我的專輯。在歌曲上,和之前的作品相比,有更多的人聲;在製作的想法上,則盡量不採用搖滾樂的聲音處理式。


吹万Chui Wan【寂靜買下了整座湖/静寂は湖全てを買い取った】



・このアルバムはポルトガルのリスボンでレコーディングをしたようですが、なぜその場所を選びましたか? ・這張專輯是在葡萄牙里斯本的錄音室完成的,為什麼會選擇在那裡錄音? 以前リスボンでライブをしたことがあって、この街がとても気に入りました。音楽も素晴らしく、私たちの好きなバンドやミュージシャンがたくさんいます。街の雰囲気もリラックスしているし、天気もとても良いです。あと物価も高く無い。

之前我們在里斯本演出時,就很喜歡這座城市。音樂很棒,有很多我們喜歡的樂隊和音樂人。氛圍也更放鬆,天氣非常好。物價也不高。



リスボンでのレコーディング風景

吹万於里斯本錄音的景象



・レコーディングの時のエピソードを教えてください

・錄製過程中有發生什麼小插曲嗎? レコーディングは全体を通してとても大変なものでした。バンドとプロデューサーとでミックスを完成させました。みんなワーカホリックのモードになっていました。 マネージャーのlollyがみんなをケアしながら、遠く離れたレコード会社との多くのやりとりをしてくれました。

プロデューサーのRusty Santosは常に電子タバコを失くしていましたね。


其實整體的錄製工作非常辛苦,樂隊和製作人一起完成的混音。大家都是在工作狂模式中。 經紀人樊晏在照顧大家的同時,也要遠程處理很多唱片公司的事情。 製作人Rusty Santos一直在弄丟電子煙。


リスボンでのレコーディング風景(動画)

吹万於里斯本錄音時的影像紀錄



・アルバムの中でメンバーが一番好きな曲はどの曲ですか? ・團員們最喜歡專輯裡的哪些曲目? ハハ、全部好きですよ!

哈哈,都很喜歡!



・吹万はレーベル「Maybe Mars」で4枚のアルバムをリリースしてきたわけなんですが、バンドと中国でのリリース環境はどのような変化がありましたか?

・至今一共由「兵馬司」發行了四張專輯,在樂團本身以及整體的發行環境上有什麼樣的變化嗎? まずやはり国際的に、中国のバンドへのリアクションが変化し続けていると感じています。吹万の1枚目のアルバムリリースは2012年で、当時は中国国内にはいわゆるサイケバンドと言うものは全く無かったと思いますし、ましてや(ポストパンクの影響の色濃い)ネオサイケバンドなんて尚更です。その当時NYの「Psychic Ills」と言うバンドと中国国内ツアーを行った時、ツアーのタイトルはズバリ“迷幻中国(サイケデリックチャイナ)”でした。その後は海外での活動が段々と増えていきました。 忘れられないのは、2015年に「chuiwan」と言うアルバムのツアーでアメリカに行った時、本当に疲れ果てましたが、バンドの進化がとても大きく、この時は海外で初めてしっかりアルバムのプロモーションにも取り組んでいたのですが、各方面で現地のプロ意識が高いと感じました。バンドっていうのはツアーをし続けることによって成長するものだと思いますね。