台湾インディペンデントカルチャーガイドVol.1|everfor 2nd Album「空中閣樓」リリース記念インタビュー:everfor蘇偉安と台南カルチャー/everfor 新專輯發行紀念專訪




アジアの音楽シーンに見るように、数々のインディーアーティストの台頭やDIY音楽フェスなど、さまざまな地域で数々の「インディペンデント」なムーヴメントが興り、注目されることが増えた現在。


今回、BIG ROMANTIC RECORDS がお送りする新連載<台湾Independent Culture Guide>では、台湾各地のインディペンデントな動きやカルチャーを、その土地に関わりの深いアーティストたちにインタビューを実行。現地の未だ知られざるカルチャーを深く掘り下げる連載を開始いたします。


第1弾となる今回は、待望の2ndアルバム『空中閣樓 Castles in the Air』をリリースしたばかりのEverforボーカル・蘇偉安にインタビュー。


アルバムの紹介や制作期間中のこと、

そして彼の創作のルーツとして欠かせない「台南」のカルチャーシーンについてお聞きしました。


古都、そして美食の地として知られる台南だが、

現地のカルチャーシーンは一体どのようなものなのでしょうか。


彼のおすすめするカルチャースポットも紹介。

台南の新しい一面を見つけて見てください。




正如我們在亞洲音樂場景所看到的,許多獨立音樂人的崛起和不同樣貌的DIY音樂節如雨後春筍般出現, 所謂 “Independent” 的氣息正在世界的各個角落沸騰著。


來自 BIG ROMANTIC RECORDS 新連載企劃——「台灣 Independent Culture Guide」,採訪與土地有深度連結的藝術家,用音樂等不同文化視角深入台灣各地的獨立場景,挖掘那些仍然未知的在地文化。


連載第一回,我們邀請到 everfor 的主唱蘇偉安!


今年十月,everfor 新發行了眾所盼望的第二張專輯《空中閣樓》,除了藉著這次難得的機會,由偉安親自向我們介紹關於專輯內容和製作期間的二三事,也聊聊作為他創作根源的「台南」文化場景,以及私心推薦的文化場所。


說到台南,腦中浮現的大多是歷史悠久的古蹟和美食,究竟台南當地的文化場景是什麼呢?

大浪漫將帶著大家一起尋找台南新鮮的一面!





BIG ROMANTIC RECORDS(以下"B"):自己紹介をお願いします。

和讀者簡單介紹一下自己吧!



蘇偉安(以下"S"):偉安です。

everforのボーカルで、2003年からは雀斑樂團(Freckles)で主にギターを担当しています。創作活動も少しやっていて、2017年には僕の創作活動をメインとしたeverforを結成し、最近Everforの2枚目のアルバムが完成しました。


我是偉安,everfor 的主唱。從 2003 年開始玩雀斑樂團,在雀斑主要負責吉他手的位置,也有少量創作。

2017 年開始,組成了以我創作為主的 everfor,現在剛完成 everfor 第二張專輯。



「everfor」

左上から、Gt&Vo.蘇偉安、Ba.蘇偉博、左下からDr.李亮瑩、Gt.陳子維



「雀斑 Freckles」

左から Gt.蘇偉安、Gt&Vo.林以樂 a.k.a. Skip Skip Ben Ben、Ba.蘇偉博、Dr.蔡柏瀚





B:待望の2ndアルバム「空中閣樓」がリリースとなりましたが、アルバムの紹介をお願いします!

  everfor 終於發行了眾所期待的第二張專輯呢。能不能介紹一下這張新作《空中閣樓》呢?



S:今回のアルバムは僕が1stアルバム『無人島』リリース後から作り貯めていた作品です。結構前に原型を作り終えた楽曲や最近になってやっと書き終えたものもあります。当初は今作品の明確なテーマがなく、最後に取り組んでいた「空中閣樓(空中楼閣)」という楽曲をアルバムの名前にすることに決定しました。収録楽曲は浮遊感のある軽やかで空中に浮かんでいる小さな部屋で起こったことのような感覚を覚えると思います。楽曲のインスピレーションには生活での体験や交流、白昼夢が入り混じっていて、道中での心境の変化を記録したものでもあります。


這張專輯是我從《無人島》發行以來的創作累積,有些歌的雛型很早就有了,有些是較最近才寫完。一開始還沒有很明確的專輯概念,是到最後一首歌取名「空中閣樓」後,才決定就當作專輯名稱吧。這些歌曲聽起來有些飄浮感,有些比較輕快,像是住在半空中的小房間所發生的事。歌曲靈感來自生活體驗、社交、或是白日夢交雜而成,也紀錄著一路上的心境轉變。




蘇偉安と台南

蘇偉安與台南



—— 「空中閣樓」リリース後、初のパフォーマンスとなった台南の音楽フェス”浪人祭”にはコロナ禍を経て多くのインディーファンが詰めかけ、待望の新曲を初披露しました。今月にも台南でのライブを控えるEverforですが、蘇偉安が台南で生活を送っていたことはコアな台湾のインディーファンの間では周知されており、彼の創作のルーツとして欠くことのできない台南時代についてお話を伺っていきます。


在「空中閣樓」發行後,迎來的首場演出即是位於台南的音樂節「浪人祭」,台下聚集了許多期待已久的樂迷, 首次演出的新歌也在現場獲得極大反響,而與台南頗有緣分的 everfor 也將在這個月於當地場館舉辦近期第二場演出。也許有不少台灣樂迷知道,偉安也曾經在台南生活過。這回就讓我們來談談,作為他的創作根源且不可缺少的台南時代吧。




B:台北から台南へと移り住んだきっかけは?

當初為什麼決定從台北搬去台南呢?



S:あの時はちょうどレコーディングスタジオでの仕事を辞めてSOHOのスタイルで働いていたのですが、その時僕が台北にいる意味はなかったので、どこかに引っ越したいと思っていました。台南で大学時代を過ごしていたので少し馴染みもありましたし、台北と比べてみると家賃が安くて住み心地も良く、在宅業務だったため、環境の変化や人との出会いを求めていたのがきっかけです。


那時候剛辭去錄音室的工作當個 SOHO 族,不想住家裡,想要搬出來住,但感覺住台北也沒什麼意思。而且以前大學在台南唸書,有一定程度的了解,相對台北來說房租比較便宜,也可以住得比較有品質。打算以在家接案為主,加上當時有個衝動想要換個環境,認識不同的人。



B:台南にはどのくらいの期間住んでいましたか?

在台南住了多久呢?



S:4年間台南の大学に通っていて、台南の環境がとても好きでした。以前の同級生は台南からいなくなっていましたが、その後も台南でたくさんの新しい友人に出会いました。その上、当時は僕のように外から来た人がとても多く、環境の変化と新生活を求め、そのような人が台南に多く集まっていたんです。


在台南住了四年,因為大學是在台南唸,環境蠻喜歡的。雖然以前的同學都不在台南了,但後來也在台南認識許多新朋友,加上當時也有蠻多外地人像我一樣,換一個環境體驗新生活,所以也有些外地人住在這裡。





—— 数年前、台北に住んでいた若者が新たな生活を求め台南へ移住するという動きがあり若者たちが次々と台南でお店や民宿をオープンさせ、独自のカルチャーが発展を見せていました。ちょうどその時期を台南で過ごしていた蘇維安、当時台南で一体どのようなことが起きていたのか、引き続きお話を伺っていきます!


 從幾年前開始,不少台北年輕人搬到台南尋求新的生活,也陸續在台南開店、經營民宿,台南獨有的文化也正巧妙地發酵中。當時在台南生活的偉安,那段時間發生了哪些變化呢?





B:台南にいた期間が偉安さんにもたらした影響はありますか?

對你來說,住在台南的期間為你帶來了哪些影響?



S:本当の生活感がありつつ、24時間ずっとイベントがあるような感覚でした。それに、台南はあらゆるスポットが近くに位置していて、イベントなどに遊びに行くにしても20分もかからないんです。2年間は台南の安平という場所に住んでいて、その辺はさらにゆったりと時間が流れていて、僕もその時間はよく一人で考え事をしたり、内向的な時間を過ごしていました。精神面も段々と成熟してきて、自分が好きなものや、信じるものに注意深く気を配ることができていました。また、音楽関係だったりそうではない友人とも多く出会って、よくイベントに参加していたのですごく充実していたと思います。1枚目のアルバム『無人島』のうち何曲かは台南で完成させたもので