top of page

麺TERVIEW with シャムキャッツ/ Siamese Cats from 西川口 to ASIA (下 3/3)


麺TERVIEW with シャムキャッツ from 西川口 to ASIA

麺TERVIEW with Siames Cats from 西川口 to ASIA

今回は初の中国ツアーを振り返ります。ついに最終章!!

※文中表記※ N=夏目 S=菅原 B=BIG ROMANTIC

 

B:初めての中国はどうだった?どんな印象だったでしょう?

B:第一次去到中國感覺如何呢?有著哪些印象呢?

S:楽しかったすね。

S:很開心呢。

N:でっかい違う世界が近くにあったな、ってイメージでしたね。韓国台湾に関しても文化の違いを感じることがあるんですけど、それよりも大きな枠組みで文化の違うところに入ったなっていう感覚はありましたね。

N:很大又很不一樣的世界就在附近的那種印象呢。雖然說去韓國跟台灣的時候有有感受到文化的差異,但是這次去到中國,感受到的是我們走進了由巨大架構下所組成的,完全不同文化的地方呢。

B:なにが一番中国っぽかった?

B:覺得最中國感的是?

S:街のでかさですかね

S:街道的巨大感吧

N:やっぱり可能性をいろいろ感じましたね。日本国内でも言ったことない土地に行くとやっぱりどうしてもそんなにはお客さんは入らないもんなんですけど、今回初めての中国で、熱量をもったお客さんがたくさん来てくれて、リアクションも熱くて、嬉しかったです。

自分たちもレーベルもやってるんで、マーケットとしてももちろん中国は魅力的だし、いろんなところに考え方とか違う人達が大勢いるっていうのも、制作のインスピレーションに関しても自分たちにいい影響を与えるんじゃないかっていうのも思いました。

N:還有感受到很多的可能性吧。在日本,如果來到從未去過的地方演出的話可能觀眾也不會很多,但是首次的中國,卻來了很多熱情的觀眾,反應也都很熱烈,真的很開心呢。

因為我們自己也營運著廠牌,以市場面來說,中國是一個相當有魅力的地方。另外,在各地有著大量不同想法的人群,或許也讓我們在製作上的靈感獲得到相當大的影響呢。

Siamese Cats in 広州

B:新大陸が目の前に現れたって感じだね

B:有著發現新大陸的感覺吧

N:まさにそうですね

N:可以說就是這樣呢

B:どこの街が印象深かった?

B:對哪邊的街道印象最深刻的呢?

N:街として面白かったのは北京、思い出深いのは福州でしたね。

N:以街道來說覺得北京最有趣,印象最深刻的是福州吧。

N:北京はやっぱりメトロポリス感があって古くて歴史が積み重なってて、住んでる人たちもそれを自覚してて、異文化に対しての心が広いっていう感じはありましたね。

福州は一緒に回ったバンドROMPの地元だったから、やっぱり地元でやってるバンドを愛してる人が集まって、俺たちにも興味があってっていう、超理想的なインディの空気感を感じれて嬉しかったし、希望があるなって思った。

N:北京果然是有著歷史悠久大都會的感覺,而住在那邊的人們也有著相當的自覺,對於異文化的包容度是很廣的感覺呢。

福州因為是一起巡迴的中國樂團ROMP的故鄉,聚集了很多喜歡他們的觀眾,而那些觀眾也對我們有著很大的興趣,強烈感受到這種超理想的獨立音樂場景的空氣感,我們覺得很開心,也覺得有著希望呢。

Siamese Cats in 福州

S:あえて違うところいうと、アモイは全然知らない架空の都市っていう感じがして良かったですね。リゾート感とか観光地感があって、そして意外とローカル感が入り混じってて不思議でした。

S:如果要說到很不一樣的地方的話,廈門有著那種像是架空的城市的感覺很棒呢。

有著度假感的觀光區之外,意外地也混著當地感,很令人覺得不可思議。

N:全体的に新しい始まりって感じはあったかな。一昨年台湾と韓国で感じた、やっと無がゼロになったというか。無だったものがゼロになって、それをゆっくり1にしていく作業だとすれば、また新しいゼロ地点を中国で見た感じ。バンドとしてはこのタイミングで行けて良かったです。「friends again」は原点回帰をして自分たちの新しいスタートとして掲げた作品だから、その時に中国に行けて良かった。

こういううちらみたいなタイプのバンドって台湾韓国中国とかみてもあまりいなかったし、だからこそ受け入れてもらえるはずだっていう希望はありますね。

N:有著全新開始的感覺呢。前年在台灣跟韓國所感受到的。終於覺得從無到變成零的感覺。沒有的東西轉變成零,然後只要慢慢的以1為接下來要邁向的目標執行的話就可以了。在中國看到一個新的零的起點的感覺。以樂團來說可以在那個時機去到中國真的很好。因為「friends again」對我們來說就是一個回歸原點,再創新起點的作品,時機真的太巧了。

像是我們這種類型的樂團在台灣、韓國、中國等地似乎也比較少,所以有著應該會被接受的那種期望吧。

B:なるほどね。それで、アジアツアーが終わって間もなく発表されたシングル「このままがいいね」なんだけど、これは「friends again」の延長上の作品なのかな?

B:原來如此。在亞洲巡迴結束之後過了不久馬上就發表的新單曲「このままがいいね」(就這樣也不錯吧),這也是「friends again」延伸出的作品嗎?

N:まぁ中間というか、次どんなのにしようかなっていう時にちょうど間の過渡期的ないい曲ができたっていうのが「このままがいいね」ですね

N:應該是說中間時期,之後在想著要做哪種作品的時候的過渡期般的,先誕生出來的還不錯的歌曲,也是就是「このままがいいね」(就這樣也不錯吧)

このままがいいね ( Stay Like This)

B:ということは次にできるだろうアルバムはこの曲からさらに進めたものになるっていうことかな?

B:也就是說下一張專輯會比這首歌還要更往前一步的感覺嗎?

S:なんか広い野外でやってるイメージがあって、体を動かせる感じかなぁ。もうちょっと俺らが動いてる感じで。全体的に体揺らす感じが強まって、そういう感じにしたいですね。準備はまだこれからですけど。

S:應該說我們以在很寬廣的戶外演出的那種想像中,讓身體開始律動的感覺吧。在一下下我們就會開始動的感覺。很想做出那種讓全身開始搖擺的感覺呢。現在是正要開始準備的階段。

N:これも結構いろんな経験が生きてて、実は中国行く前には作ってたんですけど、最終日の杭州でツアープロモーターの子