『音樂人。台北帶路』第一彈:斑斑和稔文的超deep~私房美食地圖!/音楽家と歩く台北:第一弾<benben(林以樂) & ami(DSPS)>

雀斑樂團主唱「斑斑‧林以樂」,與 DSPS 主唱「稔文」首次搭檔出外景,帶著大浪漫專員出發前往台北美食地圖「超~deep篇」!

雀斑Frecklesのボーカルbenbenこと「林以樂」と、DSPSのボーカル「稔文Ami」のお出かけにBIG ROMANTICのスタッフが同行して台北のグルメスポットを紹介してもらうというディープな企画!


兩人不論是在台灣或海外都有相當豐富的演出經驗,近幾年頻繁來往日本等地展開巡演活動、更經常與海外音樂人搭檔演出,也因此與許許多多的人事物結下有趣的緣份。然而,這次來到她們的主場——台北,究竟在工作結束後的短暫閒暇,兩人會向外國友人祭出哪些令人難忘的店家?


2人は台湾だけでなく、海外でのライブ経験も豊富で、最近は日本でも精力的に活動していて、海外アーティストとの共演も多く、様々な面白い出会いを経験した。そして、今回の舞台は彼女たちのホームである「台北」にやってきた。束の間のオフ日に、彼女ら2人は外国の友人たちをどんな個性溢れるお店に連れて行っているのだろうか?


【BONUS】在特輯的最後,斑斑和稔文也與我們分享各自從國外帶回的收藏品,以及遇見命定小物當下的心境。故事於文末公開揭曉。


番外編として、2人が海外から持ち帰ったとっておきのアイテムをそのストーリーと共にご紹介。そちらもお見逃しなく




第一站。台式巴洛克浪漫,老台北喫茶『上上咖啡』


►►班班推薦:「第一次吃就驚為天人!是台北少見的日本喫茶店風格。」


一ヶ所目。台湾式ロマンクラシック、台北の老舗喫茶店「上上珈琲」

benbenのおすすめ:「最初にお店で食べた時は本当にビックリ!

台湾で数少ない日本の喫茶店の雰囲気がする喫茶店です。」



Q:第一次入店的契機?

最初にお店に入ってみたきっかけは?

斑斑:因為之前會跟朋友來中山堂玩板,就發現了正對面的上上咖啡。第一次吃就驚為天人,而且雅座也超復古,在台北很少見過這種日本喫茶店的風格。餐點則是台式跟西式簡餐(俄式羅宋湯)。


benben:前に友達と中山堂の前でスケボーしに来た時に、正面に上上咖啡があるのを見つけたの。最初に食べた時は最高すぎてビックリして、しかも座席もすごくクラシックで、台湾ではこういう日本の純喫茶の雰囲気のところはあまりなくて。メニューは主には台湾料理と西洋のファストフード(ロシアのボルシチが有名)


大浪漫專員:這樣的老式喫茶店在台灣真的不多。


大浪漫スタッフ:こういう老舗の喫茶店は台湾にはあまりないですね


「等待上餐~!」

「オーダー完了!」



斑斑:後來也陸續帶了幾組日本朋友來。第一次是岸野雄一、長谷川陽平、坂田律子、谷內榮樹等那一群日本 DJ 來吃(註1)。而且那場活動正好是我第一次 DJ 演出。當時他們在附近逛唱片行,臨時被我抓過來吃,他們那次吃完也是超愛的。

benben:その後何人か日本人の友達を連れてきましたよ。最初は岸野雄一さん、長谷川陽平さん、坂田律子さん、谷內榮樹さんのDJの皆さんと。実はその時のイベントで私は生まれて初めてDJしました。その時みんなは近くでレコード探しをしていたので、たまたま誘ったら来てくれて、皆さん食べてすごく気に入ってくれたね。


後來還有一次是 2018 年,在中山堂有一個臺北藝術節的表演。是由大友良英領軍的一個即興噪音音樂節,叫做「Asian Meeting Festival」當中會有各領域不同的藝術家一起即興演出。因為演出地點就在隔壁的中山堂,剛好想到大家可以來這裡一起吃個飯。那次除了大友良英之外,還有新加坡、馬來西亞、菲律賓等各國表演者。


その次は2018年に中山堂で台北アートフェスティバルのライブがあった時。「Asian Meeting Festival」という大友良英さんが率いる即興とノイズのイベントがあって、その中で様々な分野のアーティストと一緒に即興のライブをしました。場所が中山堂だったので、みんなここで食べたらいいなと思いついて。その時は大友さん以外にシンガポール、マレーシア、フィリピンなどのいろんな国のアーティストが参加してましたよ。


(註1: 2015.9.27在台北月見ル君想フ的活動)



Q:推薦一道必點料理

絶対おすすめ料理は?

斑斑:每次來這裡都會點羅宋湯,還有他們的咖啡跟蜂蜜吐司很厲害!(但今天突然很想喝甜甜的奶茶(笑))他們使用的器具也都很有趣,要怎麼說,巴洛克風嗎?


benben:いつもここに来たらボルシチは頼んで、あとコーヒーとハニートーストもメチャ美味しいよ!(でも今日は甘いミルクティーにしました(笑))ここで使われてる道具も面白くて、バロック風っていうのかな?


「喫茶店竟然有四神薏仁排骨湯?!」

「喫茶店なのに四神薏仁排骨湯(ハトムギとスペアリブの漢方スープ)がある?!」


左/招牌俄式羅宋湯,右/冰拿鐵咖啡,下/上上咖啡菜單

看板料理のボルシチ/アイスラテ/上上咖啡メニュー



稔文:我點的冰拿鐵咖啡,裡面的冰是咖啡碎冰耶。


ami:私が頼んだアイスラテ、中の氷もコーヒーでできてる!

斑斑:真的很用心。


benben:気が利いてるね

稔文:我喝一下妳的奶茶看看。

ami:ミルクティーちょっと飲んでいい?

斑斑:好啊。

benben:いいよ

稔文:哇~很喫茶店的奶茶,好讚。

ami:わー、喫茶店のミルクティーの感じ。最高。

斑斑:還有把他們的吐司丟到湯裡吃,真的超好吃的。

benben:トーストを浸して食べると最高に美味しいよ



稔文:這間店的風格真的都很可愛。


ami:このお店、本当にカワイイね

斑斑:應該小時候的咖啡店都是這樣。現在的咖啡店都變成蠻一樣的文青風,都是MUJI害的(笑)。

benben:小さい頃のカフェはどこもこんな感じだったと思うよ。今のカフェはどこも似た感じの文青(文系男子の趣味)風、全部無印っぽい感じ(笑)

稔文:這讓我想到有一間在中正紀念堂的咖啡廳,叫做三槐堂。它也是類似上上咖啡的老喫茶店,有賣虹吸式咖啡。一進門就有進入宮崎駿電影的感覺,而且他們自製的起司蛋糕也很有古早味!

ami:ここは中正紀念堂にある三槐堂っていうカフェを思い出すね。そこもここみたいな老舗の喫茶店で、サイフォン式のコーヒーを売ってるよ。お店に入ったらジブリの映画の中に紛れ込んだような感覚があって、しかも自家製のチーズケーキは昔のままの味!


「前往下一站!」

「それじゃぁ次のお店!」





第二站。平易近人五星級料理『All True 歐廚義大利麵』


►►稔文推薦:「這間店酷炸天,老闆很有態度,食物也很有態度。」

二ヶ所目。気取らない五つ星料理『All True 歐廚義大利麵』

amiのおすすめ:「このお店はカッコいいよ。オーナーも。フードもかなりこだわりあり」




Q:為什麼想帶外國友人來?