インタビュー:パンデミック下のライブ事情 / 訪談:疫情下的現場演出二三事。vol.1

終わりが見えそうで見えないcovid-19のパンデミック。

連帯が生まれつつあった東アジアのライブ産業にも大きな影響を与えました。

今他国の音楽事情はどうなっているのか?をインタビュー形式でお届けいたします。

似完未完的 COVID-19 疫情讓人看不見未來,

連帶效應為東亞現場音樂產業帶來重大影響。

是次以訪談形式向大家傳遞「現今其他國家的音樂現況變成如何?」




張然 Zhang ran (CHINA)

・自己紹介をお願いします

・請你自我介紹一下

私の仕事はモダンスカイの国際事業部の代表、そしてSound of the Xityの総責任者、正在現場appの副代表、ストロベリーフェスの海外アーティストbookingディレクターです。コロナの前は下記の様な海外バンドの中国ツアーを数多く制作しました。


我的工作是摩登天空國際事業部總經理,同時為影響城市之聲總策劃/創始人,正在現場app 副總經理,草莓音樂節的國際藝人booking總監。 疫情之前我們曾邀請以下海外樂隊來國內演出。

The prodigy、 The xx、MEW、Gizzard & The Lizard Wizard 、Courtney Barnett 、Wolf Alice 、alt-J、Wednesday Campanella 、mando diao 、glass animals、BRMC、Crystal Castles、水曜日のカンパネラ 、Yogee New Waves、PETROLZ 、yahyel、CHAI、[ALEXANDROS]、never young beach、、、、、


※※モダンスカイは1997年に創立された中国最大規模のインディーレーベル。中国有数のロックフェス「ストロベリーフェス」を主催している他、その音楽ビジネス事業は多岐に渡っている※※


中国のミュージシャンの国外でのライブも数多く制作しました。Sound of the Xityの活動を通じて中国のアーティストを海外の大型フェスティバルにコーディネートしたりもしていました。


我們曾策劃很多中國音樂人的海外演出,同時透過「影響城市之聲」項目,協助龍神道、重塑雕像的權利、nove heart、大波浪、五條人、杭蓋、阿基耐、圖利古爾、沼澤、馬幫、大棒等中國音樂人推向Glastonbury、EXIT、FMM、WOMEX、clockenflap 等國外的音樂節

※※BIG ROMANTIC RECORDSの中国での提携先の一つであり、これまでに数多くの日本人アーティストの中国ツアーをモダンスカイ主催、BIG ROMANTIC RECORDSがサポートという形で行った。

ex. Yogee New Waves、水曜日のカンパネラ、never young beach、CHAI、yahyel、七尾旅人、シャムキャッツ、Zombie Chang etc...※※


※※摩登天空為大浪漫唱片在中國的合作夥伴之一,至今為止曾多次主辦日本音樂人在中國的巡迴演出,大浪漫唱片則以協作形式合作。※※


2019年のYogee New Waves 中国ツアーは7カ所を周った

・今はどの様な仕事をしていますか?

・現在做什麼樣的工作?



最近は主に「正在現場app」に関わっています。このアプリをモダンスカイの顧客管理ツールと高度消費ツールとすべく動いています。

このアプリは最初は配信視聴の為のものでしたが、配信ライブでのマネタイズは難しいと判断され、モダンスカイ主催のライブチケットを販売する様になりました。2019年にはモダンスカイ公演のチケット80万枚を販売しました。


最近主要在做「正在現場app」,打算利用這個 App 作為摩登天空的客戶關係管理及深度消費工具。 它起初是一個視頻直播的 app 後來 所有網站都意識到演出的視頻直播變現特別難變成了賣摩登天空的所有演出的票。2019 年 差不多賣了摩登天空的80萬張票)



Zhang rang

・コロナが始まってから、仕事の上でどの様な変化がありましたか?

・自疫情爆發以來,音樂工作上面有什麼變化?

コロナが始まったばかりの頃、あらゆるライブコンサートが中止になりました。海外アーティストの中国ツアーだけでなく、中国のアーティストの中国ツアーも、フェスも全て。そしてみんな自宅から出なくなりました。このような状況が長く続き、実質半年くらい後にまたコンサートが始まりました。外に出られないのでみんなネットでの配信ライブを始めていました。ファンと交流できる方法を模索していたんだと思います。

疫情剛開始的時候,所有演出都被取消,不只外國音樂人的中國巡演,就連中國音樂人的中國巡演和音樂節也都叫停了,然後大家都留在家裡不出門。這樣的情況持續了一段長時間,差不多半年後重新開始演出,因為無法出門,大家開始透過網絡進行網上直播演出,嘗試探索與樂迷交流的方法。

そして段々とこのコロナはすぐには収まらないだろうと感じるようになり、ライブもすぐには元通りにはならないだとうということで、網易雲NET EASEやTencent Music Entertainmentなどのストリーミングサービスを含むあらゆるプラットホームがオンラインでの配信ライブを押し出していき、利益を得る方法を模索し、アーティストやライブプロモートの会社に収入がない状況を変えようと試みましたが、事実として大きく成功したケースはありませんでした。そしてオフラインでのライブがゆっくりと戻っていくにつれ、各プラットホームでのオンライン配信はゆっくり廃れていきました。

モダンスカイも中国のあらゆる動画アプリやサービス(抖音(TikTok)、快手(Kuaishou)、淘寶(Taobao)、京東(JD)、愛奇藝(iQIYI)、騰訊(Tencent)、今日頭條、b站(Bilibili)、優酷(youku)、正在現場app、など)ありとあらゆる配信のプラットホームやサービスと協力してビジネスプランを模索していきました。


可是後來慢慢意識到疫情不會那麼快結束,現場演出也不會很快回復到像從前般,所以大家開始尋找利用網上直播獲取營利的方式。每個互聯網平台包括流媒體網易雲音樂、TME等等平台都推出了線上演出直播業務, 大家都想通過線上的模式來改變或是創造新的盈利模式,來改變音樂人和演出公司沒有收入的狀況,但是事實證明,大家都沒有太成功,而且隨著線下演出慢慢恢復,各個平台的線上演出直播慢慢的又停了。摩登天空也和各種各樣的平台嘗試了各種各樣的直播形式,包括抖音、快手、淘寶、京東、愛奇藝、騰訊、今日頭條、b站、優酷和正在現場app,探索各種各樣商業模式。



コロナ禍真っ只中の2020年2月にモダンスカイが行った在宅オンラインフェス



2020年5月ごろはオンラインイベントがまさに一世を風靡していた


モダンスカイは音楽会社の中ではコロナ禍でうまく立ち回れた方なのですが、それでも継続しうる強力なビジネスモデルを構築することはできませんでした。モダンスカイがうまくいった主な理由としては、モダンスカイ自体のブランドと、あとモダンスカイが主催するロックフェス「ストロベリーフェス」のブランドが中国で強い影響力を持っており、コロナ禍の企画においても各スポンサーやフラットホームからの収益を得て、それを出演アーティストに分配していくことができたからです。ほとんどの所属アーティストが平時の70%ほどの収入を確保することができ、彼らの収入を保証できたと言えるでしょう。

多くの音楽会社は無料で配信をしてマネタイズができずに、最終的に持ち出しになってしまったと思います。


雖然摩登天空是在音樂公司中在疫情期間的線上演出算是比較成功,但是也沒有真正的形成可複製的商業模式,最主要原因摩登天空和草莓音樂節的品牌價值和流量(大眾影響力)來向贊助商和互聯網平台拿到錢,再分成給音樂人,大部分音樂人可以拿到平時演出費的70%,相對保證了公司和公司簽約音樂人的收入。此外大多數音樂公司都提供免費直播而無法營利,最終甚至虧本。


草莓音樂節 / ストロベリーフェス(2019年の出演者第一弾発表時のもの) 海外の有名アーティストも多数出演する中国最大規模のロックフェスである


・ライブ配信サービスがあまり成功しなかった理由はなんでしょうか?

・網上直播平台不太成功的原因是?

配信ライブが全体的には成功とまではいかなかった理由として、ライブというものは二つの重要な要素があると思っているのですが、配信ライブはその要素を満たせるものではありませんでした。なので、あの自宅に居ざるを得なかったあの時期にだけ観られたんだと思います。その2つの要素というのは、一つはソーシャルカレンシー(社交上のやりとりを貨幣に置き換えるという概念)と呼ばれるものです。例えばある人がライブを観に行きます。彼はライブの様子をシェアをして、彼がどのような音楽を享受しているか、そしてそれはどんなテイストのものなのかを他の人にSNSで見せることができる、という価値を含んでいるのです。そして二つ目は社会交流です。これはネット上で多く討論されていることですが、実際のライブはライブの前後、そしてライブ最中にも交流の機会があります。知らない人と出会ったり、友達と話したりすることです。配信ライブを観ている最中は他の参加者の動向を追うことができず、他のユーザーと交流を進める動機もないのです。

この二つの要素は配信ライブでは替えがきかず、中国では成立させるのは難しいです。特にライブコンサートの配信だとですね。


網上直播平台整體沒有成功主要是因以下的,現場演出有兩個特別重要的條件,然而網上直播演出並無法滿足這兩項條件。

因此,只有在那段不得不留在家裡的時間才會有人收看。其中一個為社交貨幣。例如某人去現場看演出,他在社交平台分享現場表演的情況,透過社交平台展現他在欣賞怎樣的音樂,展現自己的品味,這就是現場演出的價值所在。第二是社交,這也是在網絡上經常被討論的話題,現場演出前中後的時間帶來社交的機會,認識新朋友,與朋友聊天。然而觀看網上直播時無法留意其他觀眾的動態,也沒有動力和其他的用戶進行交流。無法滿足以上兩項條件的網上直播演出很難在中國取得成功,尤其是演唱會的網上直播。



※※日本以外のライブの現場、特に中国では、ライブの様子をスマホで写真や動画に撮ってSNSでシェアをするのが一般的。今やライブに行く動機として欠かせないものになっている様です※※


※※日本以外的國家,尤其在中國的現場演出時有很多樂迷在現場拍照,錄影,再分享在社交平台,也可以說是去現場演出的其中一個動機。※※


・コロナが収まった後、中国のコンサートやフェスはどの様に復帰して行ったのでしょうか?

・疫情減退後,中國的演出跟音樂節怎麼樣復出?


コロナの後は各都市でそれぞれの管理方法が生まれました。そしてライブ会場の人数制限や検査方法もそれぞれ異なるものでした。例えば多くの都市ではライブの時は必ずマスクの着用が求められたり、最近でもありますがキャパシティの半分もしくはさらに少なくしなければならないという人数制限です。ただしキャパの半分だと見た感じは普段のライブとあまり変わらないです。人と人との距離をより離すという感じですね。ある都市ではもしコロナがその都市で1人でも出たらすぐにライブができなくなるということもありました。その後段々とコロナ感染が中国で見られなくなってから、都市によってはフェスの開催ができる様になりました。


疫情減退後,各城市開始採取各自不同的管理方法,各自對場地的人數限制及檢查方法也有不同的標準。例如大多數城市都會要求現場演出時必須要配戴口罩,最近也有地方開始要求場地限制容納人數減少至原本的一半甚至更少比率。單看容納人數一半的話感覺和平常的現場演出沒有太大分別,只是人與人之間的距離拉開,也曾經有城市新增了一個感染者就馬上不能再舉辦演出。後來中國的疫情慢慢消失後,才有些城市開始舉辦音樂節。



例えばしばらくコロナが発生していない都市からフェスやライブができる様になっていき、去年末にはモダンスカイは8つの都市でストロベリーフェスを開催することができました。

比方說一些近期沒有新增感染者個案的城市率先開始舉辦音樂節及現場演出。去年年末摩登天空成功在八個城市舉辦草莓音樂節。


2020年開催の草莓音樂節(ストロベリーフェス)


・去年末のストロベリーフェス開催に際して困難はありましたか?

・去年年末在八個城市舉辦草莓音樂節時有遇到甚麼特別困難嗎?

去年のストロベリーフェスは実施にあたり特に大きな困難はありませんでした。都市によって管理方法が違うのですが、北京では去年は特にスムーズで、公安と政府との連携もとてもスムーズでした。各種検査に関しては