Hanging Up The Moon




Hanging Up The Moon

HangingUp The Moonはシンガポールのインディ創成期のバンド「Concave Scream」のギターボーカルとして知られていた「Sean Lam」の個人プロジェクトとしてスタート。ファーストアルバムは、バンド名を冠したセルフタイトルアルバムとなり、そのシンプルかつ細やかな作品は評論家や音楽ファンの間で話題となる。

以降の作品においては、Alexius Cai (Piblokto)、Dean Aziz (Concave Scream)、Leslie Low (The Observatory) や Victor Low (Affixen) 等シンガポールのアンダーグラウンドで活躍するミュージシャンやシンガポールの伝統音楽の影響を受けながら独自の音を紡いでいくこととなる。


Hanging Up The Moon 最初是由新加波 indie 圈元老級樂團「Concave Scream」成員「Sean Lam」(vo,gt)為首的個人 project。首張專輯與樂團同名發行,簡單卻細緻的作品在樂評家及樂迷之間蔚為話題。


此後的作品,則受到 Alexius Cai (Piblokto)、Dean Aziz (Concave Scream)、Leslie Low (The Observatory) 、Victor Low (Affixen) 等活躍於新加波獨立圈的音樂人影響,以及傳統音樂的啟發,遂自創作出獨有的樂音。


Title:FOR THE TIME BEING


A面

1.HOLD THE COLOURS

2.ROSE TINTED


B面

3.SUNRISE TO SUNSET

4.FOR THE TIME BEING (Featuring 林以樂Lin Yiloh)


















特集記事
最新記事
タグ検索
ソーシャル
  • Facebook Classic
  • Twitter Classic
  • Instagram Social Icon
  • YouTube Social  Icon

© 2016 by BIG ROMANTIC RECORDS    contact : info@bigromanticrecords.com